「湯」という言葉が含む温度と、water / hot water について

 先ほど、湯煎にかけるという表現を英語で説明するにはどうしたらいいのかと考えていた。さんざん考えて、おそらく間違いないと思ったのは —— put a bowl of (品目名) in a warm water bath / ボウル入りの○○をお湯の容器で温める というものだ。

 日本語の「水」は、たいていは冷水である。いっぽう英語の water は、冷たいとは限らない。そのため本来ならば warm water bath の warm (温かい)をつけなくてもよいのだろう。だが、どうしても日本語の感覚にある「温かいからこそ湯」という感覚を大切にしたいと思えばつけずにいられないし、それに料理などで湯煎を説明するならば、warmをつけておくことがより丁寧であることは、間違いない。

 湯について考えてみた。
 ぬるま湯は、おそらく「飲むのにぬるい」場合に使われる言葉で、体温よりほんの少し熱いくらい(36〜38℃)かと思う(*1)。また、いったんかなり熱く熱した水を使って淹れる飲み物(コーヒーなど)は、経過にしたがって途中で冷めてくるため人の口にはいるころには変化しているものの、抽出をはじめるころは90℃前後のはず。これはむろん熱湯である。さらに、入浴について語る場面であれば——「熱い湯」とわざわざ湯に「熱い」をつけるものがあったとしても、人間がなんとか入浴できる温度であることは間違いないため、おそらく43〜44℃のことであろうか。
 つまり日本語の言葉として「湯」だけの場合は「用途に応じた適温の範囲」を指し、そこに「ぬるい」がついたり、「熱い」がつくと「その用途にしてはぬるい、熱い」という話になってくるのではないかと考える。

 お湯ではなく「熱い水」と言っては通じないのかと、hot water の直訳でものを考えてしまう日本語学習者もいるだろう。だが「水を熱して80℃にします」など、日常会話以外の場面で「水を熱する」ことはできても、もし日常会話で「熱い水」と言われたら「謎かけをされているのだろうか」と複雑に考えてしまうのが、日本語ネイティブかもしれない。

 さらに複雑な話になってしまうが、日本語で「湯」には飲用と温泉の意味が強くても、中国語になるとスープ、薬湯の意味が多く含まれる。ときおり外国語間の単語は完璧に対になって存在していると勘違いしている人がいるが、水とお湯 water / hot water の含む範囲のほかに、漢字の通じる文化圏であれば、湯の内包する意味の範囲 hot spring (温泉)、 broth または soup (スープ)、薬湯(これも日本語では入浴の意味にとらえることが多いが、中国語ならばハーブティのように飲むもの)が異なる場合も。それを思えば、単語と単語が置き換えられるという事例のほうが、実際問題としてははるかに少ないと、言えるのではないだろうか。

(*1)
飲む「ぬるま湯」と、手で触って感じる「お湯にしてはぬるい」には若干の違いがあり、プールなどでは「温水」と呼ばれることもあるようだが、飲用の場面で「温水」とは、まず呼ばないと思われる。

美術展示に、幼児連れは、ありか

 乳児はベビーカーなどを利用していることや、寝ている場合も多いため、さほど問題とはならない場合もあるかと思う。だが幼稚園児くらいの、そろそろ自分で歩きまわろうとしたり言葉による自己主張が強まるくらいの年代を、親が美術館に連れてくるというのは、どうなのだろう。

 今日は上野のエッシャー展に出かけた。平日午後なので混雑はそこそこであったが、数組の子供連れ(少なくみても3組)と、たまたま館内で歩調が合ってしまったらしく、移動しても移動しても、子供の声がついてくる。お子さん連れの方も、やはり周囲の雰囲気が気になってしまうのか、どうも入館時にばらばらだった場合でも、いつのまにやら近づいて移動する傾向があるのかもしれない。とにかくわたしと歩調が合ってしまったのは、そうした方々だった。

 その数組の親子連れに関して言えば、むずがって泣いているというよりも、よちよち歩きをしようとしたり、不用意に声を出したことに親が小声で注意してくるのを「自分に関心を持ってもらった」と思うらしく、なおのこと嬉しそうに声をあげる場合が多かったようだ。お母さんが抱っこしながら背中をそっとさすると、そのリズムに合わせてよくわからない言葉をずっとしゃべりつづけている子供もいた。おそらく子供なりに、不慣れな状況の中で親とつながっている事態、大げさな言葉になるが絆の確認のような意味で声をあげてしまうのかと思う。
 小さい子供のいる方に、美術館に来るなというつもりはない。そんなことはたいへん失礼だ。だが入館している人々の「静かに見たい」気持ちも、ある程度は尊重してもらえないのか、両者の中間地点はないのかと、悩む。

 こうしたことにいちいち気持ちを乱されてはいけないと、耐えようとしたのだが、さらに途中で、修学旅行の中学生らと遭遇してしまった。そちらは係員の誘導(展示物のケースに手を触れるななど)を意に介さずに自分たちだけの世界にはいっていて、これもまた心を乱された。見るまい、気にすまいと思ったのだが、余計なところに神経をすり減らした。

 かといって、美術館の脇に短時間のキッズ預かり所などを設置するのも、費用の面で難しいのだろう。そして下手をすると、そういう場に子供を預けてまで美術を見ようというのかと、中傷する人が出ないともかぎらない。難しい話である。

トランプ劇場

 アメリカは、昔からちゃっかりしている。だがこんなにあけすけに、ちゃっかりしている態度を隠そうともしない大統領は初めてではないかとも、思う。

 日本は、小泉首相の在任時を例外として、拉致事件で北朝鮮に直接の話しかけをおこなってこなかった。拉致被害者の一部が帰国されてのち、ほとんどの場合において米国や韓国などをあいだにはさんでは、解決を模索してきた。直接話をすればいいのにと思っていた人も多いかと思う。そして今回またトランプ氏に言及を頼んでおいたところ、ほんとうに言及のみであり(もちろんこれは誰しも予測できたことだが)、しかもその際にちゃっかりと、日本の関係者などがなかなか言えなかった本音「これからは二ヶ国間で解決を検討していけば」という意味のことまで、付け加えられた。
 言及してくれと頼んだらほんとうに言及だけだっただけでも内閣としては傷手だろうが、曖昧な部分が多く残された北朝鮮非核化については、非核化そのものが文書ではなく口約束のレベルというのに、費用については日本と韓国が受け持つという具合に、決められてしまったようだ。普段からペコペコとしている日本が、ここで嫌だと突っぱねられるはずがない。そこを読まれているのだろう。

 さて、いまさら誰も言わない、書かない話を、わたしは書こう。
 アメリカは非核化しなくていいと、誰が決めたのか。自国と一部の国のみが持っていてそれ以外の国には核を認めないという理屈が、なぜ世界レベルで通ると思っているのか。

 人に言うなら、アメリカも、非核化をしなさい。

実にうまそう…まい泉「ヒレかつとたまごのポケットサンド」

 先日、東京駅構内のグランスタで期間限定展示である「歴代の銀の鈴」を見てきたが、そのときには、まい泉に寄ろうなどとは思いもしなかった。だがこれは、そのときまでの限定品なのだろうか。

 ヒレかつとたまごのポケットサンド、だそうだ。
 

 まい泉のサイトによると、東京駅グランスタ限定とは書いてあっても、期間については書かれていないので、いつでも売られているのかもしれない。そうだとよいな…。これは、食べてみたい。

東海道新幹線で刃物を振り回す事件

 3年前に東海道新幹線「のぞみ」では、先頭車両で焼身自殺を図った男の道連れとなって乗客が死亡し、負傷者もでた。新幹線は走る密室であることを世間に嫌というほど知らしめた事件だったが、今回もやはり「のぞみ」での事件。
 2018年6月9日夜10時少し前のことだそうだ。前回同様に神奈川県内を走行中、鉈との情報もある刃物で乗客3名が切りつけられ、痛ましいことに、そのうちおひとりがお亡くなりに。容疑者の22歳男は、臨時停車した小田原駅で警察官により下車させられたという。

 仮にだが、今後もしも新幹線の改札もしくは入り口ドアに金属探知機を用意したところで、何かをしようとする人間は想定していない「何か」を持ちこんで、事件を起こすのだろう。いたちごっこである。そして一度でも新幹線が走る密室であると認識してしまった以上、世の中はもう、昔にはもどれない。

 お亡くなりになった乗客の方のご冥福をお祈りします。

 

古本をめぐる、ドラマのような話

 半年くらい前だっただろか。ある文庫本を中古で購入した。洋菓子関連のもので、たいへん優れている内容と思う。だが残念なことに著者の夭折によって、その著者の単独名で出版され世に出た本はそれほど多くない。そのうちの一冊だ。

 注文したのち郵便で届いたその本をめくると、写真など数ページの案内ののちに、書名の書かれた内扉のようなページが現れた。そしてそこにはゴールドを帯びた色合いのサインペン文字で、ある珍しい姓名の受取人に対し、著者の直筆で謝辞が記されていた。

 受取人に贈ったそのメッセージの日付が、わたしが伝え聞いている著者の死去まで、さほど期間の空いていないものだった。この人はこれを書いたときに自分が間もなくなくなるなど、ご存じなかったのだ。それを思うと不思議な気持ちになった。そしてふたたび、珍しい受取人名に目を留めた。読み方はこれでいいのかと、同じようなお名前の方がいるかどうかの気軽な気持ちで検索をかけた。

 ——驚いた。読み方の参考どころか、Googleに、たくさんご本人情報が現れた。それはわたしも記憶しているほど話題になった事件の被害者であり、お亡くなりになっている方だった。

 本のサインの日付と、お亡くなりになった年のあいだには10年以上あった。とても保存状態のよい本だったが、ご本人は、ご存命のうちに本を手放されたのだろうか。それともお亡くなりになったのちに古本屋に売られたのだろうか——そんな、考えてもどうしようもないことを、あれこれ思い描いた。
 短い文面とはいえ、著者のメッセージから読みとれるものもあった。進呈した相手はとても華やかで、たくさん洋菓子を買い求める人だったのだろう。その人物についてはたしかにお金持ちであるということがネット情報でも読みとれるし、そしてわたしのなんとなくの記憶にも、そんな風に残っている。

 出版から15年以上も経ち、保存状態のよい文庫。著者もお相手もすでに他界されている。個人的にはまったく存じ上げない方々の、小さなやりとりを偶然に目にしたわたしは、普通の新刊書からは得られない宝物を、手に入れた気がしている。

 パンづくりが多くなり、あまり菓子は作らなくなってきてしまったが、ひとつくらいはこの本から何か記念に焼いてみたいと、それ以来ずっと思っている。

JR東日本が山手線の新駅(田町〜品川間)の名称募集

 ウェブからも応募できるようだが、田町〜品川間の新駅の名称を、JR東日本が募集中とのこと。2018年6月30日まで → 新しい駅の駅名大募集

 気になる商品は…
> 当社オリジナルグッズ 100名様
> 採用された駅名をご応募いただいた方の中から、抽選で100名様にプレゼント

…その駅名のはいった特別Suicaかな? たっぷりとした事前チャージ希望(笑)。

 さて、応募するか。。。?

ある有名店の商品で、店に電話

 ひさびさに、購入した店に電話をするほどショックを受けた。わたしがひとりで買ったものならば、わたしが勘違いをしたとか、落ち度があるように思われてしまったらどうしようと心配になるところだったが、家族と一緒であり、ふたりとも「これにしよう」と納得の上でレジに持って行った商品だった。

 帰宅して開封すると、書いてあった商品とは異なるものだった。メインは正しい商品だったが、一緒にはいっているおまけとして記載の商品がサンプルで袋のみ、中を見たらなんと「詰め物」だったのだ。

 驚いて店に電話をした。丁寧に謝罪をしようという気持ちは伝わってきたのだが、途中でポロッと、こんな感じの表現が → 「展示サンプルだったものをお客様がお手にとり、店員もそれに気づかなかったということですね」

 せっかく丁寧にしてくれていると思ったのに、これかと、ぐっとこらえて話をつづけていると、今日のうちに不足分を持って来てくださるという話になり、住所を伝えて電話を切った。
 最初は遠慮をして、後日また機会があるときに、わたしが不足分を受けとろうかと提案した。わたしの気持ちとしては「持ってきてもらうほどこちらが切羽詰まっているわけではないし、おまけ部分が数百円分の商品で、それをかなりの交通費をかけて届けてもらうのは、悪いのではないか」とだったのだが、ふと気づいたのだ——今日のうちに的確に処理して終わりにしたい先方に対し、長引かせるようなことをこちらから言ったら、ずるずると話を引きずるクレーマーのような存在と勘違いされる危険性もあるのだ。住所も言えないのかと思われるのは、悔しい。むろん住所も電話番号も伝え、1時間半ほどで商品も持ってきていただいて、一件落着である。

 これでわたしも終わりにしたいが、届けてくださった方が、最後のほうでちらりと「サンプルであるようなことは、袋に、書いてなかったのですよね」と言ったのが気になった。あるわけない。あったら買っていないし、レジの人も気づいたはずだ。

 おまけ1個のところを、類似品も1個セットにしてもらい、2個になった。客商売はたいへんだろうし、クレーマーのような人も実際にいるのだろうから、確認の意味でつい言ってしまうのだろうが、あの余計な言葉がなかったら、もっとよかった。さあ、これで終わりにしよう。

あの笑えるスパムが進化: 「ありがとうございますが」に続編

 検索してみたところ、前回この件で書いたのは5月7日だったようだ → 「ありがとうございますが」…!?

 今回はなんと、Appleの話をしていたはずなのに、途中からAmazonのことになっている!!

Appleをご利用いただきありがとうございますが、アカウント管理チームは最近Appleアカウントの異常な操作を検出しました。アカウントを安全に保ち、盗難などのリスクを防ぐため、アカウント管理チームによってアカウントが停止されています。
注:24時間以内にあなたの情報を更新しない場合、アマゾンアカウントで何ができるか的を絞ってください。

 ここまで滑稽だと、次が楽しみになってしまう…いや、ない、それはない。だが何年か前に人を笑わせた伝説のスパム「主人がオオアリクイに殺されて1年が過ぎました」があったことも事実だ。あれは衝撃的だった。全文が載っているブログさんは、こちら → http://www.paradisearmy.com/doujin/pasok_ooarikui.htm

 はたしてさらに進化するのか、この「ありがとうございますが」さんは…?

プラスチックごみと、日本の使い捨て文化

 日本の使い捨て文化といえば、数十年前なら槍玉にあがりやすかったのは割り箸と相場が決まっていたが、最近ではプラスチック類ではないかと個人的に思っている。むろんレジ袋やストローは諸外国でも使っているが、この数年、プラスチック製品が適切に処理されず海洋に垂れ流しになっているマイクロプラスチックの問題などで、日本以外では対策を考えている例も見えてきた。だが日本は、国の方針としても自治体の取り組みとしても、そういった話を耳にしない。

 医療機関や大規模な給食施設などでは仕方がないかと思うが、日本人の社会では過度に「清潔」にこだわる傾向があり、使い捨て手袋、使い捨ておしぼり、使い捨てストロー(もちろん1本ずつ個別包装)など、枚挙にいとまがない。そして小規模な飲食店などでは、素手をこまめに、ていねいに洗うよりも「客に厨房を見られたとき何か言われるから」といった理由で使い捨て手袋を使う場合もあるのではないかと想像している。
 他人が素手で作ったおにぎりは食べられないという人も実際にいるそうだから、店の客層によっては、手袋を使うこともあるだろう。
 だが少人数のスタッフが交代しながら厨房に立ち、給仕し、食器を下げ、会計をする店ならば、作業のたびごとに使い捨て手袋を交換していたら、おそらくすさまじい量になるはずだ。うっかり取り替えるのを忘れるくらいならば素手をきっちり洗ってもらったほうがありがたいと思う客もいるはずで、わたしはそのひとりだが、使い捨て手袋を過信している人たちは、おそらくなかなか減らないだろう。

 今日アメリカの知人に「去年の日本滞在で買ったプリペイドSIMを持って行くから、リチャージできるようなら、してもらうつもり」と言われた。即座に「外国人旅行者向けの期間が区切られたSIMは、期間延長はできない、新規に買い直し」と説明した。半信半疑のようなので、ダメ押しで「リチャージできるとしたら利用期限内のギガバイト追加だけ」と説明すると「使い捨てだなんて、プラスチックの無駄」と、驚いていた。

 たしかに、同じ機材を使い回すよりも新しい物を買わせたほうが管理やサポートがしやすいし、利用における不正も起こりにくいという「企業側の理由」で、使い捨てが決まっているのだろう。使い回して節約されるプラスチックの価格よりも、古いパーツを再活用させるための技術スタッフとサポート人員の費用を考えれば、そういう結論になる。だがたしかに、これはもったいないことである。

 日本人は、いろいろなものを使い回して節約してきた昭和中期くらいまでの社会にあった良さを、カネと合理性という理屈の前にどんどんと捨て去ってしまったのだろう。
 あともどりができないなら、カネと合理性があってなおかつ使い回したほうがいいと思えるだけの発想の転換を、なし遂げなければならない。「もったいない」の心が失われたならば、「使い回したほうがカネが儲かる」という理屈を作らなければ、この社会はなかなか動かないのではないだろうか。