「ぞっとしない」は「恐ろしくない」?

 今年も文化庁の「国語に関する世論調査」の話題が楽しい。2017年の2月〜3月に調査をしたもので、年度としては平成28年(2016年度)の内容となっているようだ。

 文化庁 → 平成28年度「国語に関する世論調査」の結果について

 PDFをダウンロードしてみたのだが、全国の16歳以上男女を対象にした調査で、有効回答数2,015人(56.5%)とのこと。どうせならもう少し増やせばいいのになぁ…と毎年思う。

 毎年テーマが多少違うようだ。たしかに毎年同じような内容を質問しても変化はあまり大きくないだろうから、何年かで一巡するのかもしれない。
 去年は「さ入れ言葉」が印象的だった。ら抜きはもうあたりまえで、最近は「さ入れ」なのだと聞くが、たとえば「帰らせてください」ではなく「帰らさせてください」とか、「休まさせていただきます」の「さ」である。
 なにも無理に「さ」で対処するのではなく、別の言葉を使えばよい場合もありそうに思うが、どうなのだろう。たとえば「失礼する」で「先に帰る」という意味になるし、「見させていただく」よりも「拝見します」のほうがスマートだろう。規則性を考えると「さ」をはさむほうが楽なのだろうか。

 今年は謙遜での意識調査や、対人関係での言葉(呼び名)の選び方があった。たとえば人に物を贈るとき「苦労して選んだんです」とか「美味しいはずです」といったことを「言わない」のポイントが前回の同等内容設問時より高くなっているとか、自分を強く出さないとする人の割合が若干減って「場合による」が増えているなど。そしてよく知らない人にと話すときは、無難に「苗字+さん」を使う人の増加。あなた、おたくなどの直接的なものは避け、役職なども減り、苗字+さんが増えてきている。

 言葉の意味について「ぞっとしない」が「恐ろしくない」意味だと思っている人が、正解の「面白くない」の倍のパーセンテージだったのは、ちょっと笑ってしまった。おそらく、聞いたことがないから、そういう意味だろうと想像して答えたのではないだろうか。早い話が「つまんねー」ということである。恐ろしさとは関係がないのだが…。

 来年も、楽しみにしている。

 

家庭用のクロワッサン生地カッター

 何気なく見ていた新潟県「タイガークラウン」のTwitterで、こんなよさそうなものが。
 


 
 こういった製品は業務用サイズしか知らなかった。便利そうだし、安い。買いたい。
 そうだ、ひさびさにクロワッサンを焼こう。

「カラマーゾフの湯切り」

 以前から話には聴いていた「もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら」という本を、近所の書店の店頭で見かけて購入したのが数日前。

(画像はAmazonから)

 村上春樹、コナン・ドイル、星野源…志賀直哉、レイモンド・チャンドラーなどにまじり、ところどころに「週刊文春」やら、高等学校の国語「過去問」やら、書いた作家ではなく完成作品(?)に似せた文章まで出ていて、盛りだくさんである。

 まだ半分しか読んでいないのだが、内容は軽いので、読みはじめたらいっきに終わりそうだ。

 安部公房、ドストエフスキーなど、自分でもかつて馴染んだ作家の「焼きそば」を見ていると、雰囲気は出ているのかなとは思うが、知らない人が出てくると、もうお手上げ。同じくらいのクオリティに仕上がっているのだとすれば、その人たちの文体がわたしの好みではないのだろうと思うが…

 企画としてとてもよくできている本だと、それだけは素直にそう思う。

大きさの比較対象物の大切さに思う、不思議な生き物の残骸事件

 アメリカのテキサス州で、記録的なハリケーンの通り過ぎた海岸に、不思議な生き物が打ち上がっていたと話題になった。

 わたしはこれを見たとき、横にある白い棒(どうも飲料用ストローだったらしい)を、もう少し大きめの物差しサイズ(よく自分が荷物の梱包でサイズを確認するのに使っているような30センチ以上のもの)だと思ってしまった。したがって第一印象が「巨大じゃないか」。しかもネット上では、わたしと同じような勘違いをした人がいて「腐りかけで小さくなったセイウチではないか」という意見も(笑)。

 あとになって、どうもストローらしいということになったが、それにしても謎だと思っているうち、専門家のコメントとしてsnake-eels(ウミヘビの仲間)が有力という報道がなされた。どうやら、一件落着のようだ。

 ちなみにわたしが読んでいたネット上の意見では、ウミヘビの仲間と書いている人もいたが「映画トレマーズに出てきたアレ」というものも。画像は衝撃的だったが、コメント欄は楽しかった。

今年は雨量が多い

 ほぼ毎年、7月から8月にかけては関東の利根川水系ダム貯水量をネットで1日数回以上も見ている。去年などはたしか一般の方が各ダムの集計をライブのように見やすくまとめているサイトもあったように思う。

 今年は、ほとんど見なかった。今日ひさしぶりに国土交通省による利根川水系ダム貯水量を見てみたら、各ダムとも例年のデータと比較して100%以上になっていた。

 雨が多い。家の中に洗濯物を干さねばならない日がつづくと、湿気と独特の匂いで気が滅入る。このところ室内が匂ったが、やっと干せるようになってきたと思えば、今週末は関東にも台風がやってくるらしい。困った物だ。
 高齢者がいる事情で予定外のタオル類がたくさん出ることもあり、事前に洗濯量を予測管理することが難しい。

 次に引っ越す際には、屋根付きの洗濯物干し場、もしくは洗濯物を大量に干したまま室内乾燥機がまわせる余分な部屋が必要であるかと、まじめに考えている。

これは「半額値引き」と呼べるのか

 米AppleがiPhone8とiPhone Xを発表したことを受けて、ソフトバンクが「最大半額プラン」というのを打ち出しているそうだが… → 東京新聞 2017.09.13 新アイフォーン、販売合戦へ ソフトバンクが半額値引き

ソフトバンクの最大半額プランは、支払いを48回の分割にすることなどを条件に、25カ月以降に機種変更すると残額の支払いが免除される。

 48回の分割ならば、分割払い手数料も上乗せになる。25か月後(もしくはそれ以降)に新たなスマホと契約することを前提としているわけで、2年くらいで買い換えたいと思っている人でないならば、別に安くはならない。普通の分割払い(手数料含む)となるだけではないだろうか。

 せっかく2年しばりの概念から消費者が自由になろうとしている昨今、逆方向のつなぎとめに腐心するよりも、もう少しスマートな何かを提案して、あっと言わせていただきたい。

この夏に、さほど食べなかったもの

 夏も終わりである。空気の流れを感じられない夜間にはときどき蒸し暑さからエアコンを使うが、使わないで済ませられることもある。昼間は半袖を着ているものの、全体的には、9月になってずいぶんと涼しくなった。

 この夏に、あまり食べなかったものを思い出してみた。
 まず、素麺など冷たい麺の回数。これは例年よりかなり少なかった。シーズン中に麺の買いたしをせず、いままでの買い置きで足りてしまったように思う。冷たいつゆで食べる蕎麦も、今年はほんの2〜3回だったかもしれない。冷やし中華も回数が減った。

 冷蔵庫に冷やしておく飲み物類(麦茶や中国茶など)も、作り替える回数が去年までより少なく、1.5リットルの容器で、毎日必ず作り替えるとは限らなかった。もっとも暑い日々でさえ、3日に2回くらいだっただろうか。

 そういえば西瓜を数回しか食べていない。市販のアイスクリームは、少し増えたか? これはハーゲンダッツなどのやや高級路線アイスがせっせと新商品を出すためで、買ってきては家族と分けあう。

 これらを考えると、全体的な印象として「暑い期間が短かった」と思う。

 もっとも、昼食で麺類が減ったというのは暑さと大きな関係はないかもしれない。この1年ほど、夕食をかなり少なめにしていて、昼間に普通の人の量を食べるようにしているため、昼くらいは「麺ではなくがっつりライス系」と考えてしまいがちだ。カップ麺などジャンクな食品も相変わらず好きで買い置きがたくさんあるのだが、昼にカップ麺だけだと午後や夕方に空腹となるので、高カロリーのカップ麺と何かをセットにするか、あるいは午後や夕方にがっつりおやつを食べることになってしまう。そんな思いから、おそらくカップ麺も、去年までよりは消費が減っているように思う。

 秋になって、食べ物が美味に感じられてきた。体重に気をつけて過ごさねばならない。

韓国語の敬語でびっくり

 何ヶ月か、韓国語のラジオ講座を聴いているが(聴いているだけで頭にはいっていないことは、強調しておきたい)…今日は、ひさびさに驚いた。

 これまでも発音の法則などで難しいと思ったことがあるのだが、今日は敬語だ。

 日本語は、身内のことならば、たとえ世間によく知られた祖父がいようと「祖父は留守にしております」と言う。相手に話すときに、身内をそっくり「下げて」話す。ところが韓国語では、まず「祖父」という単語そのものを丁寧にして、さらに「留守でいらっしゃる」となるらしい。これはおそらく世間的に知られていようといまいと、年上だからなのだろう。

 さらに、こちらのウェブページで解説を見つけた → 財団法人国際文化フォーラムのサイト内、2003年7月のアーカイブ ひだまり ヒント箱: 日本語の学び方・教え方

> 朝鮮語では、「あなたは、○○教授様の孫ですね。」というように、目上である「教授様」には敬語を使いますが、年下の「孫」に敬語を使うことはありません。一方、日本語では、「あなたは、○○教授のお孫さんですね/お孫さんでいらっしゃいますね」というように、年下であっても、親しくない「孫」に対して敬語を使います。

 これはもう、かなり注意していないと、頭が混乱してしまうに違いない。
 まずは文字の読み書きができるようになれたらいいなと思っているのだが、それ以上に、いつか上達することがあったら、こういった点にも注意していきたい。

中野「あおい書店」が「ブックファースト」へ再編

 バナナとキュウリを買おうと、中野のイトーヨーカドー食品館に急いでいた。1階の大型書店「あおい書店」の入り口からはいろうとすると、貼り紙。どうも9月月4日から11月20日まで閉店してリニューアル工事をおこなっているらしい。最初に見た貼り紙は休業期間の情報のみだったが、別の入り口でお知らせを見たところ、新店舗はブックファーストになるという。

 中野「あおい書店」リニューアル工事

 どうも中野店だけではなく、グループ全体の再編で、あおい書店という名前は実質的になくなっていくようだ。少しさみしい。すでにほとんどがブックファーストになっている模様 → トーハン 2017年3月1日株式会社あおい書店再編についてのお知らせ

 大型書店として、かなり頼りにしていただけでなく、イトーヨーカドーで買い物をしたあとバス停までの移動が(店内を歩けば)楽だったので、そういう意味でも不便。早めの復活を期待。

ふとしたときに感じる土地らしさ、日本らしさ

 短時間ではあったが、新宿で北海道展の催事に出かけた。平日の午前から昼にかけてというのは、そこそこ混雑も少なめでよい。しかも今日は物産展にあまり慣れていない連れもいたため、短時間で見てまわるにはベストの選択だったと思う。

 デパートのエレベータというのは、新宿の駅に直結している建物であれば不可欠な要素だが、とにかく広い。20人くらいは乗れてあたりまえのものが5台程度はフル稼働している。

 ほとんどの人は催事会場のようにビルの上階のほうを目指していて、途中の階からわずかな階を乗り降りする人は少ない。それならばエスカレータのほうが手っとり早いからだ。経験から言えば、おそらくエレベータ利用者の8割以上が「地階または1階から、催事などがある上の方の階まで行く人」であろうと思う。つまり最初に乗ったときの混雑は、上のほうの階までほとんど同じである。

 今日、あらためて感じたことがある。
 途中の階から「すでに混んでいる」エレベータに数名の人が乗るときのことだ。なんとなくの習慣めいたことだが、乗る方は軽く会釈のような動作をし、自分の近くにその人が立つのだろうと察知したドア近くの人は、ほんの「気持ち程度」空間を空けて、迎え入れる動作をする。たとえそんな動作をしなくても人が乗れる空間があったとしても、よほどガラガラの状況でなければ、そういう動作をする人が多い。

 今日は途中の階から、会釈など何の動作もしないまま女性と男性が乗ってきた。周囲もよけることはしなかったため空間がじゅうぶんに空いていないまま、混雑した電車に乗るような要領でエレベーターに体を預け、そのまま携帯を見ていた女性を、なんだか珍しいなと思っていた。
 少なくとも女性のほうはどうもアジア人らしく、外国語を話すようだった。一緒に乗った男性に声をかけたのか携帯で話していたのかはわからないが、日本語ではない声が聞こえた。男性は先に降りて、女性は別の階で降りた。

 観光客のように短期間の滞在だけではこうかもしれないが、これが何ヶ月も住むようになったりすると、会釈をはじめたりするのだろうかと、考えてみた。個人差もあるだろうことはもちろんだが、おおむね、その土地に慣れて周囲と同じような動作をする人は、増えるように思う。
 逆に言えば日本を離れて何ヶ月も経った人は、会釈ではない別の動作をするようになる可能性も、じゅううぶんにあるだろう。
 人は郷に入っては郷に従うものだ。
 外国暮らしの長い人がしばしば嘆いている「日本人はドアを後ろの人のために押さえない」という話も、日本からあまり出たことのない人が多ければ、環境として、気づきにくいことなのかもしれない。かばうつもりはないが、そしてうしろの人が持つと信じて押さえていたドアを「あっ、どもですっ」と通り抜けされたときの悔しさもたしかにあるが、いつか気づく人が増えることを、期待したい。