世の中の人すべてが有名人ではない

 先日こちらでも紹介した、ご存命なら90歳以上の「こばやしすみこ」さんを探している件で、戦前戦後の日本の事情や、いろいろなことをネットで検索する機会があった。毎日少しずつ勉強している。

 戦後の日本では、数字のかなりの割合が第二次大戦直後の占領軍兵士と日本人女性で占められるのだろうが、正式に結婚をしてアメリカや他国に渡った日本人だけでも「数万人(リンク先はWikipedia)」いたと見られる。長期の内縁関係、ごく短い期間での恋愛関係、あるいは逃れられない何らかの事情による関係を入れたら、その何倍もの人数が戦後に外国人と関わりを持っていた可能性がある。
 そのうち仮に半分の関係でお子さんが誕生していたとしても、ひとりひとりを追うのはたいへん困難なことだ。それにインターネットでは、たいていの場合、ご自身もしくは周辺の人が有名人でない限りは検索対象にならない。ひっそりと庶民の暮らしをしている人は、ネットの中に埋もれている。

 今回こうしてウェブページを作成する形での協力をしたが、間接的な知人である依頼者に、日本にどれだけの数「こばやし」さんがいて、戦後の日本で日本女性と占領軍兵士のあいだにどれほどの数の結婚(または事実婚)があったかを、ご理解いただいているかはわからない。ただ自分なりに、これくらいならばできるけれどと提案した内容で承諾の返事があったため、協力をした。

 ネットで、付随情報がほとんどない「こばやし」さんを、しかも日本語が読めずにアルファベットで検索して見つけられる確率は、かなり低い。ご本人に、それをご理解いただけているとよいのだが。

 ネットでの情報は、掘り起こすすべがわかっていれば別だが、たいていの場合は表面をなぞった検索しかできない。

 よく「わたしは○○の生まれ変わりだ」という話をする人がいる。たいていの場合は有名人である。クレオパトラとかシーザーとか、織田信長とか天草四郎とか、そんな風に「人が知っている」人物の生まれ変わりの話が耳に入る。「○○村」に住んでいた親が「職業□□」で本人は「若くして亡くなった無名の△△」である、という話は聞こえてこない。

 大勢の、無名だがたしかに存在していた人々がいる。
 それらを掘り起こすことができるとしたら、最終的には、個々の人の記憶と、そこにたどり着けるだけの幸運しか、ないのかもしれない。

ファミレスにて: かつての高齢者像と、現在の印象

 最近の高齢者は、わたしが子供のころに見ていた高齢者と食生活や言動がずいぶん違い、世の中は変わったのだなとつくづく考えさせられる。1年くらい前だったか、バスで乗り合わせた高齢の老女は「食べた気がするのはやっぱり肉よ、それも、豚じゃなくてギュウ」と豪語していたし、一緒にいた相手も大きくうなずいていた。
 どうやらいまどき、絵に描いたような高齢老女というのは、わたしの田舎に暮らす実母くらいなものらしい…。

 さて今日の昼はファミレスにいたのだが、隣の老女がすごかった。どうやら普段はひとり暮らしで、老人向け食事サービスを使っているらしい。同席の娘さん(50代くらいか?)が「お母さんとしては、セブンミールが大活躍ってことね」と念を押していた。
 その返事を聞いていて、どうやら事情がわかってきた。
「温めが面倒じゃなくていいのよ。タニタはね、1品1品が、どれを何分の電子レンジとか、面倒でだめ。それにね、味が薄いし、焼き魚って書いてあって蒸し魚みたいな感じだし、だめだめ、看板に偽りありだよ」——つまり、そういうのがいいだろうと思って注文をすすめている周囲にお構いなく、体に悪いものを食べたがる傾向があるようなのだ。娘さんも「お母さん、温めの問題がどうのって言うけど、ほんとは薄味が嫌なんでしょ。看板に偽りありなんてこと、ないと思うよ。それを狙って売ってるんじゃないのかな、タニタは?」
 そのあたりから、母親のほうは、なにやらもごもごと、とにかくダメだと言っていて、話は噛み合っていなかったようである。

 まぁ、高齢になっても外食をして、ファミレスに出てこられる元気があるだけ、よいのだろうと思う。それにしても昔の「あっさりしたものが好き」な高齢者像は、昭和とともに消え果てたのだろうか(^^;。

希少な熊を、犬(チベタン・マスチフ)と間違えて飼育

 中国でこのほど、2年ほど飼って犬に見えなくなってきた生き物を調べてもらった家族が、実は希少な熊だったと告げられた事件があったそうだ。

 National Geographic 2018.05.16 Can People Really Mistake a Bear for a Dog, as This Family Claims?

 ちなみにこの文章の中には、やはり中国で「日本のスピッツだと思って1年ほど狐を飼っていた女性」が動物園に狐を譲った話なども書かれている。

 動画だけご覧になりたい方(英語字幕)は、こちらのYouTubeを。

 これは、売った側(または預けた側)に悪意があったのかもしれないが、数日で気づいてもよさそうだ。もしや飼ってはいけない希少な熊を育てていて、言い訳が思いつかずに、どうしようかと迷って2年経ってしまったのだろうか。

ご存命なら90歳以上の「こばやし すみこ」さんを探しています

 Facebookで知人から、そのご友人の女性について相談を受け、ウェブページを作成しました。

 2018.05.16 「こばやし すみこ」さんを探しています

(翌日編集:リンクが手違いでFacebook経由になっていたので、直接evernoteへのリンクに変更しました)

 お名前の漢字はわかりません。1945年当時のお写真と、簡単な事情を記載してあります。どうか、ご協力いただけませんでしょうか。

 英語で直接ご本人に連絡をとりたい場合はそのようにいたしますが、日本語の場合は、リンク先に書いてあるメールアドレスまでご連絡いただければ、わたしが拝見します。よろしくお願いいたします。

WAONのアプリが謎すぎる

 楽天提携の店では、iPhoneに入れている楽天アプリのバーコードを提示し、ドラッグストア2社では独自のアプリをAndroidに入れた。そしてカードを持ち歩いているものの、すぐ出せるとは限らない場合に備えて、Tポイントのアプリもダウンロードしてある。いよいよここまでくると、面倒で使っていなかったWAON(イオン系列の電子マネーまたはポイントカード)を、モバイルで持っておこうか、という気持ちになった。

 ところが、である。WAONのアプリは似たような名前で複数出ているものの、どれもカードの代わりにバーコードを表示するような機能がないらしい。何か間違えたのかとアプリを交互に入れては消してみて、ようやくそういう結論に至った。WAONはWAONでもクレジット機能やおサイフケータイ対応などのアプリなら違うのかもしれないが、わたしが他社アプリなどと同じ感覚で使いたかった「カードを持たなくてもモバイルで使える」という機能が見当たらない。
 まさかと思ったが、あとになって別の人のご意見で「役に立たない、カードの代わりに使えるものだと思ったのに」といった感じのものをネットで見たので、同じような経験をした人もいらっしゃることだろう。

 では、WAONのアプリを入れておくと、何ができるか? …実は「ポイントがいくら溜まっているかがわかる」だけらしい。レジの横に置いてあるポイントカードを自分でもらってきて、そのカードとアプリを連携させるが、モバイルだけでは使えなくて、買い物のたびに毎回カードが必要なのだそうだ。

 …これは、かなり「意味なし芳一」さんではないだろうか。祇園精舎の鐘の声〜と、琵琶が聞こえてきそうである。べべんべん〜♪

地方の人が買う「東京のうまいもの」とは

 広島の福屋というデパートで開催中の「東京の美味しいもの」という催しを見ていたら、わたしの知らないものが出ていた。

 銀座ベーカリーの「カステラビスケットサンド ラムレーズン(1個) 361円」…?
 写真はとても面白そうだが、はて、そんな銘菓があっただろうか。

 だがその店の名前に、やや記憶がある。知っているかもしれないと検索をかけてみたところ、やはりそうだ。銀座一丁目のやや細めの通りにある、青っぽい店。なんとビスケットで有名なギンビス関連店舗だったのか。銀座四丁目の三越があるあたりから京橋方向に歩き、松屋の終わりまで歩いたあたりで左折すると、広島のアンテナショップ「タウ」や、山形県のアンテナショップなどがある道となる。そこをまっすぐ歩き続ければ有楽町交通会館のあるあたりだが、その手前で、右折すると、かつて徳島のアンテナショップがあって撤退してしまった場所の隣に、なにやら地味〜な店構えの(←失礼 ^^;)洋菓子店があったと思う。そこだ。公式サイトもないし、入店してみようと思ったこともなかったが、こんなうまそうなものを売っているのか…。

 紹介サイト → favy: 1時間で100個売れる!ギンビスの「カステラビスケットサンド」は『銀座ベーカリー』で食べられる!

 ちょっと興味が出てきた。焼き菓子は好きだし、銀座一丁目のこのあたりは懐かしく、いつ出かけても楽しい。寄ってみよう。

麻疹(はしか)が流行っているらしい

 麻疹と聞くと、どきりとする。幼少時からずっと、わたしはなぜか麻疹にかからないと親が嘆いていた。麻疹の同級生がいるとわざと遊びに行かされた。訪れられたほうも迷惑だろうが、こちらも親に言われて仕方なく出かけていたので、落ち着かない時間を過ごしていたような記憶がある。もちろん先方の親にもうちの親から「麻疹がまだなので遊びに行かせます」と連絡済みであった。

 それでも麻疹にかからなかった。それはあまりにも妙なので、もしや幼児のころに医者から風疹と言われたものが麻疹だったのだろうかという親の説に首をかしげつつ数十年である。風疹と麻疹が似ているものなのか、医者が言い間違えたのか親が聞き間違えたのか、とにかくそんなことがあるのだろうかと思いつつ、ときどき聞こえてくる「麻疹が流行」という言葉に、おびえている。

 人づての話やネットでの検索では、抗体があるかないかの検査だけで7000円前後かかるという情報があり、ワクチン接種は1万円以上という話もある。両方合わせて2万円近くの出費になるのは、かなり困る。

 流行というものに縁がない暮らしをしているが、こういうときばかり流行に乗ってしまったら困るので、混雑のひどいイベントには出ないというくらいしか策は思い浮かばないが、気をつけなければならない。

肩の痛みは小康状態、ただし…

 先日こちらに書いた肩の件。平均するとだいたい1日おきくらいに痛みがあるが、湿布を貼って荷物を減らすようにするといったんよくなる。ときおり連続で痛くなる日があり、そうなるともう着替えもつらいほどだが、2日以上つづくことはなくなってきた。気をつけて過ごそうと思う。これからも無理は禁物だ。

 さて、夢である。健康状態の指針のひとつだと思うが、先週は寝ぼけながら夜中に勘違いをして悲鳴を上げそうになった(いや、実際にわめいたらしい)。物音に、恐ろしいことが起こったと勘違いをしてしまって、心臓がばくばくと、たいへんな状態だった。普通の状態ならけっして勘違いをするような状況ではなかったはずだが、疲れているのだろう。

 今朝ほど(おそらく3時過ぎくらいだろうかと思う)は、ひどい夢から抜け出せず、体も上半身が押さえつけられるように痛みがあり、うなされて家族に起こされた。

 見ていた夢のひとつは、女性が勘違いをして地下150メートルまでノンストップのエレベータに乗ってしまうものだった。ところがその場に居合わせた男性諸氏が誰も声をかけない。むしろ「びっくりするだろうな、せまい作業場だから」と、薄ら笑いまで浮かべている。わたしは女性を気の毒に思い、インターホンなどはないのか、事情を説明すればパニックしなくて済むだろうからと尋ねたが、その場の人間たちはそんなもので声をかけてもエレベータがもどるわけではなく、いったん150メートル地下まで行くことには変わりないと、取り合わない。だがわたしはそれでも「説明してあげるだけで気持ちが落ち着くだろうから」と言うのだが、そのシーンはどう終わったのか覚えていない。

 もうひとつは、家の中の夢だ。風景はわたしが生まれ育った田舎の家に似ていたが、登場したのは現在の家族。ふたりで話をしていると、視界の隅で、距離にして数メートルのところにある何かが動いた。部屋の一部に同化していたようだが、そこからなんと知らない男性(古ぼけたスーツを着た痩せ型の男性、四角い鞄を手に持つ)が、玄関に向かって歩き出した。わたしは部屋の風景の一部だと思っていたものが人間だったことに、そして室内に赤の他人がいていまから玄関に出ていこうとしていることに驚き、悲鳴を上げた。すると目の前で家族が、にやにや笑って言う。「誰だろね、あれは。誰だろね〜」と。そのときなぜか、出ていくほうの赤の他人が実は自分の家族で、目の前にいる人物はなりすましの他人だったらどうしたらいいのかと、そんな思いにとらわれ、また悲鳴を上げた。

 …そこで、起こされた。大丈夫、大丈夫だからと、わたしに声をかけてくれていた。上半身がとても痛かった。ともあれ、起きることができてよかったと、

 肩が痛いから眠れないのか、夢の中でのたうち回るから肩が痛いのか、とにかく、なんとかして質のよい睡眠を心がけたい。

やはり書籍は、紙が便利か…

 慣れの問題も大きいかと思うが、少なくともわたしは、紙の書籍が便利だと思っている。

 書籍を読了後に「読み返したい」、理解が正しかったかどうかの確認にすぐ「該当ページを参照したい」というとき、電子書籍は思うような速度で使えない。紙ならば、読みながら気になる場所に自分の視線とめくるリズムを邪魔しない程度の簡易さで手近な付箋を挟み、読了後にそこを重点的に読み返したり、疑問に思う場所をその前後の文脈もセットで目に入れて把握できる。むろん、電子書籍でも操作に慣れることができれば紙の付箋を挟むほどの速度で、そして紙でまとめて複数の場所をめくって見くらべるような動作もできるようになるかもしれないが、いまのところ、それができそうな予感がない。

 ただし家に紙の在庫をこれ以上はおいておけないという思いは日に日に強まってきているので、今後も電子書籍版が存在する本ならば購入はそれを優先と考えており、できるだけ早急に電子書籍を使いこなす方向に考えを向けたいとは思う。

 おもにKindleを(iPad miniのアプリとして)使用している。いまのところ読んでいるものは圧倒的にKindleが多いので、今後もそうなのであればハードとしてKindleを買ってもよいのだが、アプリとしてならば複数のフォーマットに対応できるので、いまのところその予定はない。それにハードとしてのKindleを買ったところで操作性が格段によくなるとは、ちょっと思えないのだ。見やすさなどはあるかもしれないが、読み返したい、調べたいといった目的であれば、アプリでもハードでも、あまり大差ないような予感がある。

 先週だったかKindleで読んだ本がとてもおもしろかった。書評を書こうかと思ったが、読了後の確認も兼ねた「ぱらぱらとめくって雰囲気を確かめる」が、Kindleでは難しいと気づき、呆然。読んだ内容を確認しながら、頭の中で練り直して再構成ができない。困った。

 何か打開策が発見されるか、あるいは自分の技術的な成長があったら、この件でまたつづきを書く予定。

「ありがとうございますが」…!?

 アップルを装うスパムメールが昨日から何通もやってきていて、その冒頭にあった…

> Appleをご利用いただきありがとうございますが、アカウント管理チームは最近Appleアカウントの異常な操作を検出しました。

 …この部分に、目が釘付け。「ありがとうございます」に「が」をつけてしまうというのは、ある意味で目から鱗だ。日本語ネイティブとして何十年も暮らしてきたが、そんな表現に出くわしたこともなければ、つけてみたらどうなるかと思ったこともなく、なんとも新鮮な体験である。

 英語ならそれがあるかといえば “thank you, but…” などは、やはり聞いたことがない。何年もいろいろな外国語をNHKラジオ講座などを通じて耳にしてきているつもりだが、そういった表現に出くわしたことがあるようには、思えない。

 外国語を翻訳ソフトにかけたのだろうとは思うが、いったいどこの翻訳システムなら、ありがとうございますのうしろに「が」を入れてしまうのだろう。もしギャグとして故意にこのネタが作れる人がいたら、素晴らしいと思う。

 たしかに、お礼の意味のあとにやんわりとした否定や辞退がやってくる例、たとえば「ありがたく思いますけれども」などならば、ありうる。だが「ありがとうございます」には、それはない。

 スパムを真剣に読んで、考えさせられた。