安定生産と品質のあいだで: 西アフリカに見る遺伝子組み換え綿花

 ロイターの記事を読んでいて、西アフリカのブルキナファソが2008年から実施していた試験的な遺伝子組み換えの綿花栽培が「量か品質か」の典型的な事例となって、モンサント社と現地農家らとのあいだで大きな問題になっていることを知った。
 2017.12.08 → Reuters How Monsanto’s GM cotton sowed trouble in Africa

 高品質の綿花栽培で知られていたブルキナファソは、2000年ころに害虫被害に悩まされていた。見つけて殺虫剤に浸けてもすいすい泳ぐような幼虫を前に、お手上げ状態だったという。話し合いののち、ブルキナファソに従来からある品種に害虫への耐性を持たせる遺伝子組み換え技術を施すという前提のもと、現地の一般農家がモンサント社の種子を導入したのが2008年。そして2015年までのあいだに、導入する農家は増え続け、全体の75%にまでなった。
 害虫への耐性効果はたちどころに現れ、生産性は上がった。だが大きな問題として、品質が下がった。モンサント社の綿花における遺伝子組み換え技術はアメリカで開発され世界的に普及していたが、当初の約束であったはずの、ブルキナファソの品種に当てはめた改良はおこなわれなかった。抗議に対し、2015年にモンサント社から、品質向上がなくともほかのよい面により相殺されているはずとの回答があったという。

 栽培者側にしてみれば、品質は譲れないので遺伝子組み換えをあきらめるしかないけれども、今後の栽培方針や生じてくる金銭的な問題など(新たな投資やノウハウの周知、手間も含めて考えれば)、この問題はかなり大きなしこりになりそうである。高品質な綿花が苦労なく生産できると考えていた現地農家の方々には、お気の毒としかいいようがない。

 モンサント社の種子導入を橋渡しした農学者から、受け入れ体制(国や栽培農家の技術面も含め)をもっと整えておく必要があったことも事実であるとのコメントもあるいっぽうで、問題はモンサント社の遺伝子改良がお粗末だったことに起因しているとする国内外の専門家の意見もあるとのこと。

 品種改良、遺伝子組み替えなどの技術では、結果が翌月にわかるようなことはまずなく、早くても1年後、普通は数年後である。最初に導入したときは試験的な意味合いだったかもしれないが、周囲がわれもわれもと導入して、気づいたときには迅速な見直しや方向転換が難しくなってしまったことは、想像に難くない。

 こうした問題は、今後も、どこの国でも起こる可能性がある。遺伝子組み換えと聞くと別の方向で(安全かどうかなどで)話が賑わってしまうかもしれないが、仮に別の技術であろうと、人は期待した通りに物事が動かなかったときにすぐ立ち止まれないことがあるのは事実だからだ。もう少し期待してみよう、せっかく手間やカネをかけたのだから待ってみようという気持ちが働くのだろう。

 ブルキナファソの方々が今後ふたたび高品質の綿花が栽培できることを、遠く離れた日本から応援している。

リア充という言葉があるが、それ以前の問題として

 こう書くと、わたしは気の毒やさみしいを通りこしてどういう人間なのだろうと思われるかもしれないが、はっきり書いてしまうと、実生活で頻繁にお付き合いのある友達は、ほぼゼロである。リア充がどうのという話ができるレベルではない。リアルの生活での人との関わりは、用件でつながっている実務的なお付き合いのみなのだ。

 わたしを見た目で認識できる可能性がわずかにでもあるのは、友人ではなく、近所の医療関係者(自分または義母の通院に関係ある医師や薬剤師)、福祉関係者(義母のケアマネさんやデイサービスの送迎担当スタッフ)、そしておそらく宅配便の配達担当者である。それ以外の人は、わたしを知りようがない。
 在宅中心で、1日2時間弱のポケモンgo散歩に出るか、あるいは長めの時間がとれそうなときには、デパ地下で菓子かパンを見てまわる、それだけである。

 だがそれを恥ずかしいとかさみしいと思ったことはない。20年以上もこんな暮らしをしている。ネットでは知り合いもそこそこいるつもりだし、ちょっとした話題でみなさんとお話しできるのは、無上の喜びだ。

 昨日から今日にかけて、運営サイト(バウムクーヘン関連)の活動に関し、近い将来の規模縮小やその後の方向性について、会員のみ閲覧できる場所で説明をした。理由として、少し個人的なことを書いた。
 読み手の方々にあまり重く感じられるようであれば申し訳ないとは思ったが、何も説明しないで「活動の規模を縮小していく」とか「今後の方向性はこうなる」と伝えるだけでは、人と人との関係において信頼関係は成り立たないし、何よりも自分で落ち着かない。曖昧にして次に進んだら、次の場所には誰もついてきてくれない。自分は自分に正直でありたいし、聞いていただけるのであれば説明したいと、心から思った。

 そんな個人的な思いをつづったが、幸いにも何人もの方々が読んでコメントをくださった。とてもありがたい。

 実生活の知人がほとんどいなくても、わたしは自分を充実していると感じている。これまで20年以上、ネット上で自分を飾るなど、いわゆる「話を盛る」ようなことをせず、自然体で生きてきたつもりだ。そして、ひとりひとりはたとえわずかな期間であったにせよ、つねに誰かしら、話ができる人たちに恵まれてきたとも感じている。

 これからもいままでと同様、無理をせず、自然に活動していきたいと思う。

(ネット上のお友達のみなさん、いつもありがとうございます。これからもよろしくお願いします)

シオニズムと「花の棺」

 米国トランプ大統領がイスラエルの首都をエルサレムに認定したそうだ。その直前にまさかというニュアンスまじりにネットでニュースが流れたとき、てっきり虚構新聞のように皮肉たっぷりに書いているだけだと思ったが、実際の話であった。そしてあれよというまに、認定がなされた → NHK news 2017.12.07 トランプ大統領 エルサレムをイスラエル首都に認定宣言

 話は少し飛ぶが、30年くらい前だっただろうか。人気ミステリ作家であった山村美紗の初期の名作「花の棺」を読んだ。日本語に堪能な若いアメリカ人女性という設定のキャサリンが、京都を舞台に活躍する素人探偵シリーズの第一作だ。
(画像はAmazonから)

 キャサリンは登場時にアメリカ副大統領の令嬢という設定で、日本語には堪能であっても中身はアメリカ人、日本の古都で起こる事件に違う視点で疑問を投げかけ、事件を解決に導くというシリーズだ。第一作の「花の棺」に、シオニズムという言葉が出てきた。

 あるシーンで有名な華道家が、キャサリンのためにとくにと、地味な色合いの花を生ける。ほかの出席者よりも派手さを欠くおとなしめの色合いに戸惑う一同だが、やがてそれを生けた華道家がキャサリンに説明する——紫苑(しおん)の花をシオニズムにかけてみました、と(キャサリンがユダヤ系であるため)。
 賓客がユダヤ系だからといって、華道の席でそのテーマは大丈夫なのかとか、だいいち英語では、シオニズムは紫苑と違う発音ではないだろうかとか(Zionismの発音をカタカナで書くとザイオニズム)、かなり驚いたことを覚えている。ストーリーそのものはとても楽しく一気に読めたものだったし、使われたトリックも覚えているほど印象的だったが、やはりこのシーンもまた、いまだによく思い出す。

 こうしたフィクション内部のシーンならば、仮に軽い違和感があろうと、最終的には作者が自由に表現するその世界を読者の大半が受け入れるかどうかの問題である。小説ならば、である。

 アメリカの大統領が唐突としか思えない行動に出たことで、すでにパレスチナのみならずイスラム諸国で抗議運動が広がり、デモで怪我人も出ているようだ。容易に火種を生み出す、はた迷惑な大統領としか思えない。そしてアメリカという力のある国でトランプという人物が大統領に選ばれたことの重さが、最初はさざ波であるかもしれないがすぐに大きな波となって、世界のあちこちに打ち寄せる。影響力におびえることはできても、立ち向かうことは(大きな国の内部ですら彼を大統領から下ろせないならば他国が彼を罷免させられることは)可能ではないというのが、普通の人間の発想だ。

 悲しいかな、一度とことん壊れないと、世の中というものは直せないのか。何も学ばず、なりゆきにしたがって同じこと(争い)をくり返す。人間とは愚かなものだ。そしてすべての場合、壊されるのも反省するのも努力するのも下々の者で、為政者は壊されもしなければ反省もしない、努力をすることもない。

マクドナルドで楽天ポイント

 気づくのが遅れたが、今年の5月末くらいから、マクドナルドで楽天ポイントが使えるようになっていたらしい。今日はたまたまマクドナルドの前を歩いていて、入店したわけではなく、ただ店頭のマークに気づいた。大きめの四角い旗のようにつるしてあった。

 楽天ポイントといえば、以前から大丸松坂屋グループでも使えるようになったし(アプリとして使えるかどうかは不明、プラスチックのカードとしては使える)、わたしの最寄りのドラッグストアはアプリが使えるし、そして大手のマクドナルド。なかなか活躍しているようだ。

 最近はPontaを使わなくなった。使う場所があまりない。以前に溜まっていたポイントが(期限切れで?)消えて、小額だったとはいえ衝撃を受けた。だがTカードはスーパーで使うし、数ヶ月後には取り扱いを終了してしまうようだが伊勢丹三越のグループでも使える。いっぽう、大丸松坂屋のグループで使えるプラスチックのカード(アプリではなく)を持っているのだが、都心や下町にたまにしか出かけないので、楽天ポイントのアプリに対応してくれるようであれば、使うのをやめてもいいかなと思っている。

 それにしても、最後にマクドナルドで何かを買ってから、何ヶ月、いや何年経過するのだろう。わたしが記憶しているのは数年前にビッグマックのストラップがほしかったため買い物したことだが、そのあとでもう1回くらい、テイクアウトをしただろうか。モスバーガーも買わなくなった。買うのはケンタと、近くに行く用事があればだが、クアアイナだ。どちらもポテトが美味。

 さて、楽天ポイントだが。
 楽天市場そのものは、わたしや周囲の人の例から考えても、通販の比重として楽天以外のさまざまな選択肢を検討することが増え、世の中の消費者の依存度は減っていると思う。だがもし楽天が弱体化したら、Amazonの一強化に拍車がかかってしまう。ここは適度に応援しておいて、Yahoo! も楽天も、ヨドバシも爽快も、とりあえずみんなで共存してもらいたい。

好みの変遷

 たしか3〜4年前まで、ベーグルが好きではなかった。
 理由は、20年以上前にまだあまりベーグルが知られていなかったころ、渋谷の西武地下にベーグル屋ができて(当時それほどベーグル専門店はなかった)、買ってみたら口に合わなかった。それ以来ずっと、数年前まで「買ってまで食べるか、ベーグルなど」と思っていた。
 ところがこの数年、人気パン屋の「しげくに屋55ベーカリー」が本店を高円寺に移してきたことや、たまたま食品の撮影がしたくて購入した池袋の西武(なんで西武ばかりなんだ ^^;)のベーグルが美味しかったことで、そうだ自分でも焼く練習をしてみようなどと思ううちに、いまではけっこうベーグルを好んで買うようになってきた。

 そして、マフィン。これも実は好きではなかった。マドレーヌ、スコーンなどは好きでも「マフィン、何それ」だった。購入の優先順位はかなり低かったし、作ってみようと思ったことも、ほとんどない。

 ところがこれもベーグルつながりで、気になる存在に。ベーグル屋にはなぜかその脇にマフィンがおいてあることがあり、荻窪の「ベーグル&ベーグル」のマフィンを「高いなぁ、でかいなぁ、でもうまいなぁ」などと食べるうち、だんだんと目覚めてきた。先日は大阪の「焼き菓子の里」さんからお取り寄せでバウムシュニッテンと一緒にマフィンもお願いしてみた。これは、ハマる。今後も食べつづけそうな予感がある。
 奇しくも、先日わたしは「どこかにあったはずなのに見つからない」と、デザインが変更になったから見つからないように思っただけで実はずっと目の前にあったベーキングパウダー(しかも勘違いであやうく捨てそうになっていた)大きめサイズ商品を発見したのでマフィンを焼くことはまったく問題なく実現できる。粉もバターもドライフルーツも山ほどあるのだ。

 しばらく、パンとマフィンを交互に焼いてみるのも、よいかもしれない。

無料HTMLエディタ(ビジュアルタイプ)を探していて

 灯台もと暗しとは、まさにこのことだった。今日は昼から夕方くらいまで断続的に「無料でHTMLエディタがほしい、願わくばタダ、ぜったいWYSIWYGは必要、さくさく動くもの」と考えては、検索していたのだが…

 結論から書いてしまうと、夜になって、大昔にブラウザとして名前を聞いたことがあったSeaMonkeyが、最近ではコンポーザやメールなどを含むオーサリングツールとして(大昔のNetscape Composerのような雰囲気)開発がつづいていたと気づいて驚く。びっくり。懐かしい。これでしばらくは、何も不自由しない。
 リンク先をスクロールすると各種プラットフォームで、日本語対応版のダウンロードも可能 → https://www.seamonkey-project.org/releases/

 さて、ここにたどり着くまでの数時間の話を書いてみたい。

 まず、わたしはたいていのことはWordPressまたはNetcommons上で書いてしまうため、個別のHTMLページを作る必要は、それほどない。だが1〜2か月に1回程度は、単発でお知らせを書く。そのときいちいち手でHTMLを書いていられるかという問題があったのだが、いまのところ無料で使えて自分がダウンロードしてあるのは7年前に開発が終わっているKomPozerのみだった。これはHTMLが古すぎて自由度も低く、ほかに何かないかと考えあぐねていたところに…

 ○ MacにインストールされていたPagesで、ワープロとしてページを書き、それをPDFに落としてPDFからHTMLに変換するソフトを探すのはどうか?
(そういう用途では、高額ソフトしか見当たらず、撃沈)
 ○ では、Pagesで書いてリッチテキスト(RTF)にし、それをHTMLに変換するソフトはないか?
(これもまた、小額から高額まで、有料ソフトがほとんど)

 そうこうするうちに、隣の部屋から「MacのTerminalからコマンドラインでRTFをHTMLに変換できるぞっ」と、貴重な情報が…。見つけた本人も興奮しているが、わたしもまた「これでタダの道が広がる」と、さっそくわくわくしつつ、実験。
 だが、たしかにそれはできて、おもしろい体験ではあったのだが…RTFをHTMLにする際、画像読み込みタグなどの「テキストにならない部分」は、まるきり無視で省いてしまうことがわかった。つまり、リンクタグやら改行がどうのというのは、わたしが自分で手々で書いても我慢ができる程度の楽な部分であり、楽をしたかった画像やデザイン部分が、けっきょく手作業として残ってしまうので、実質的な恩恵はない。

(大発見してくれた人に、こんな情けない話を大きな声では言えないので、こっそりKomPozerで急ぎの部分だけ作ってしまった ^^;)

 その後、夜になって検索しているうちに、上述の通りにSeaMonkeyが見つかり、快適にHTMLを完成させることができた。

 20年くらい前は、ブラウザにコンポーザがついているのはけっこうある話で、あれでちょっとしたところを手直ししながらネットに載せ直したりしたものだ。現在では、これだけ探してやっと見つかることになるほど、細々とした存在になってしまったのだと思うと、20年近い年月というのは、なかなかすごいことなのだと感じる。

 開発しつづけてくれている有志の方々、ありがとうございます。

「新春デパート巡り乗車券」の抽選販売に応募

 東京メトロに1日乗り放題のチケット(1枚90円 x 3枚)とデパートで使える割引クーポンなど特典がついた「新春デパート巡り乗車券」なるものの抽選販売があると、知人に教えてもらったのが先日のこと。公式サイトから初日に応募しておいたが、ぜひ当たりたいものだ。当ててくれたら、東京メトロをたたえる記事を毎日のように書いてさしあげよう(笑)。

 東京新聞 2017.12.01 → 新春デパート巡り乗車券 東京メトロ開通90周年で復刻

 何万人(いや何十万人?)の応募があるのだろうか。ツイッターなどのメディアでは複数回リツイートしてもよいと書いてあったが、のべ回数まで入れたらすごい人数になりそうである。

 東京メトロをたたえる準備はできている。あとは当たるのを待つのみ。。。

「インスタ映え」を英語で

 インスタ映え、忖度などが2017年の新語・流行語として選ばれたそうである → NHK New Web 2017.12.01 新語・流行語大賞 「インスタ映え」「忖度(そんたく)」

 インスタ映えの受賞者として登壇したのは、ファッション誌の読者モデル中村麻美さん。忖度の受賞者として登壇したのは、忖度まんじゅうという商品を販売する会社の稲本ミノル社長とのこと。

 インスタ映えを英語でどういうのかを調べたところ instagrammable だという。そのほか、日本人を中心に instagenic という表現も使われているらしい。どちらも本家Instagramのハッシュタグに存在し、使われている件数もほぼ同じだが、確認のため10ずつ程度をクリックしてみたところ、英語圏でよく使われているのが instagrammable で、日本語の投稿もしくは日本に住んでいる人が多く使うのが instagenic だったように感じた。

クロネコポイントの加算終了に思う、別姓家族

 11月30日でクロネコポイントの加算が終了した。今後は交換で使うのみになる。

 家族のポイントが195あり、わたしのポイントが105あった。合算ができれば300ですべて使い切ることができたのだが、あいにくクロネコは同居家族の合算を苗字が同じという条件にしているため、それはかなわなかった。合計で50ポイントがあまってしまったが、まあ仕方ない。
 以前からこのポイントについては考えるところがあった。国でも役所でもない民間企業で、苗字が同じかどうかを重要な条件と位置づけるポイントサービスというのは、どうなのだろうと。ただこれが役所であれば文句を言ってみるのもひとつの手と思えるが、自分が最後に使い切る努力ができればよいのだからと、11月末日までにポイントをチェックしていたわけだが、最後の半月で油断した。これならばわたしのIDで家族のクロネコを支払うとか、何らかの手を早めに打っておけば回避できたのかもしれない。

 まぁ、正当な対価を払った企業と客の関係である以上、おまけのサービスについて文句を言う筋合いはないので、苗字云々の件は、この件に関しては呑みこんでおくことにする。

 以下、一般論として。

 わが家のような例(夫婦間の主義)だけではなく、たとえば二世帯同居の家を例にとれば、親世代と同居する実子が結婚相手の姓を名乗っている場合もあるだろう。離婚しても相手方の姓を名乗りつづけるものの、元の家で親世代と同居する人もいるだろう。
 同居家族で姓の違う人は、けっこういるということだ。だがそれでも家族である。

 おそらくは確認のための手間や不正防止を考えて、家族ならば姓が同一であるという前提で考えたりシステムを構築する例がこれまでもこれからもあるのだろうが、その影響で不便を強いられたり不快な思いをする、あるいは自分たちが一般的ではない立場として隅に追いやられているように感じる人は、必ずいるものだ。それを考えてくれる人が増えることを祈りたい。そして考えてくれる人が増えるためには、ちょっとしたことでもひとりで抱えこまずに記録に残したり、口にしていく行為の蓄積もまた重要である。

画面サイズから、ビルの壁面サイズへ

 東京に出てきてからだったと思うが、テトリスというものが流行した。ポータブルサイズのゲーム機に入れてテレビ画面に映して遊ぶものだったり、あるいは個人用のワープロ専用機などで遊ぶものであったり、あるいは何かの媒体用に開発されていたソフトをパソコン用に移植した例などもあり(けっこう著作権的には問題あった可能性も否めないが)、さまざまな形で流通していたと思う。

 さて、あべのハルカスというところに「ふたつの塔」…ではなくてツインタワーがあり、その壁面にプロジェクションマッピングでテトリスができることになったそうだ。2月28日までの期間限定とのこと → あべの経済新聞 2017年11月30日 あべのハルカスの展望台で「プレイ! テトリス タワー」

 これ、その場にいる全員にプレイを見られてしまうということだよなぁ。まぁ、テトリスならそれほど恥をかくようなこともないだろうが、どうもゲームそのものがひとりもしくは数名程度でやるものという認識なので、わたしには、ちょっと抵抗があるかもしれない。いや、待て、その前に「あべのハルカスって、どこ?」の問題があった。検索してみようか。