趣味・娯楽

「カラマーゾフの湯切り」

 以前から話には聴いていた「もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら」という本を、近所の書店の店頭で見かけて購入したのが数日前。 (画像はAmazonから)  村上春樹、コナン・ドイル、星野源…志賀直哉、レイモンド […]

韓国語の敬語でびっくり

 何ヶ月か、韓国語のラジオ講座を聴いているが(聴いているだけで頭にはいっていないことは、強調しておきたい)…今日は、ひさびさに驚いた。  これまでも発音の法則などで難しいと思ったことがあるのだが、今日は敬語だ。  日本語 […]

中野「あおい書店」が「ブックファースト」へ再編

 バナナとキュウリを買おうと、中野のイトーヨーカドー食品館に急いでいた。1階の大型書店「あおい書店」の入り口からはいろうとすると、貼り紙。どうも9月月4日から11月20日まで閉店してリニューアル工事をおこなっているらしい […]

夏によく出る「通称G」の別名

 ふとしたことで、昔は通称G(ゴ○ブリ)のことを「あぶらむし」と言ったらしいと耳にした。検索してみたところ、いまでも地方によっては、そういう呼び方をすることがあるらしい、と気づいた。  つまり、だ。  1973年にお茶の […]

温州みかんの「温州」ってなんだろ

 このあいだ、荻窪の無印良品まで「バターバウム」を探しにいったついでに、200円の商品を2個買って帰るのもなんだかさみしいぞと、店内をきょろきょろ。けっきょくキッチン関係で少し買い物をして、ついでにこれも → 好みの濃さ […]

B級映画は、やめられない

 Netflixで時間つぶしに「ザ・ボーイ 人形少年の館」という映画を見た。Netflixは会員がログインしている状態でないとリンクをしても意味がないので、楽天ブックスでのジャケットを紹介すると、こんな感じである。  世 […]

キラキラネーム(というもの)を英語で説明する場合

 昨日くらいから、最近の(どうも実際にあったらしい)キラキラネームというものがネット上で紹介された。だがそのあまりの破壊力に、目が読むことを拒否してしまった。あれはほんとうに、実際に目撃された例なのだろうか。ご関心のある […]

ルターって、奥さんいたのか

 思いっきり俗物なタイトルにしてしまったが、宗教改革で知られるような人は生活感がないような気がして、既婚か未婚かなどとはまったく考えてみたこともなかった。奥さんがいたそうである。  2017.08.15 47news → […]

「ございません」

 義母のデイサービスは週に4回で、きちんと施設の方が車で送迎してくださる。利用者の多い日ならば何軒も回った後にほとんど遅延もなくわが家までお越しになり、段取りは完璧。そしてお疲れだろうに、係のみなさんがどなたもてきぱきと […]

なぞり書きの本に、はまる

 以前に片付けものをしていたら出てきた中塚翠涛さんのペン字練習帳で遊んでいるうち、もっと何か「1日1回何かをする」という習慣がほしくなって、先月は般若心経の写経本を買った。  その般若心経が明日には終わってしまうので、次 […]