趣味・娯楽

映画「マンチェスター・バイ・ザ・シー」

 アフレック兄弟の地味そうな弟ケイシー・アフレック主演の映画。正確には地味そうなのではなくじゅうぶんに個性的でよい役者なのだが、兄のベンが派手すぎて…。  2016年アメリカ映画。かつて住んでいた土地を離れて車で1時間ほ […]

人はなぜ昔のものを集めたくなるのか

 バイオニック・ジェミーの話題につづき、今日はジャニス・イアン。復活の日という映画が1980年ころあって、わたしはやっと自分の小遣いで映画を見はじめたころだったので、はりきって出かけたのを覚えている。  原作として小松左 […]

70年代のテレビドラマ「バイオニック・ジェミー」の音楽

 iTunesで The Bionic Woman と検索をかけたら当時のテレビ番組で使われていたテーマがあった。Apple Musicのサービスにはいっているので、気軽にダウンロード → The Bionic Woma […]

裕木奈江がツインピークスに出ていたとは

 90年代くらいに日本のドラマに出ていたほか、わたしの記憶ではクロネコヤマトのCMにも出ていた女優の裕木奈江(ゆうきなえ)だが、現在WOWOWで放送中のドラマ「ツインピークス」に出ていたそうだ。  毎週見ているのに気づか […]

日本で言うシャープ記号は、英語で「パウンド」

 通称シャープ(#)、米印(アスタリスク → *)というものは、日々ネットやコンピュータで使っている人にならば馴染みがあっても、使わない人にはピンとこない用語である。  そしてさらに言うならば、慣れている人であっても、「 […]

「なんか”コレ”という感じ」?

 英語の中にフランス語由来の表現がはいっているとき、ちょっとハイソな香りがするもののようだ。だが馴染みすぎるとハイソも何も関係なく、どう訳したらいいのかわからなくなる。  頭ではわかっていても、日本語にできない。  Sh […]

「ぞっとしない」は「恐ろしくない」?

 今年も文化庁の「国語に関する世論調査」の話題が楽しい。2017年の2月〜3月に調査をしたもので、年度としては平成28年(2016年度)の内容となっているようだ。  文化庁 → 平成28年度「国語に関する世論調査」の結果 […]

「カラマーゾフの湯切り」

 以前から話には聴いていた「もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら」という本を、近所の書店の店頭で見かけて購入したのが数日前。 (画像はAmazonから)  村上春樹、コナン・ドイル、星野源…志賀直哉、レイモンド […]

韓国語の敬語でびっくり

 何ヶ月か、韓国語のラジオ講座を聴いているが(聴いているだけで頭にはいっていないことは、強調しておきたい)…今日は、ひさびさに驚いた。  これまでも発音の法則などで難しいと思ったことがあるのだが、今日は敬語だ。  日本語 […]

中野「あおい書店」が「ブックファースト」へ再編

 バナナとキュウリを買おうと、中野のイトーヨーカドー食品館に急いでいた。1階の大型書店「あおい書店」の入り口からはいろうとすると、貼り紙。どうも9月月4日から11月20日まで閉店してリニューアル工事をおこなっているらしい […]