書籍など活字

なぞり書きの写経本

 中塚翠涛さんのペン字練習帳もだいぶ進んだ(字はうまくなっていないが、ページとしては進んだ)ので、次は般若心経の写経をやってみようかと、本を買ってみた。1日1行ずつ、そして最初のページが当然のことながら「摩訶般若波羅蜜多 […]

日本霊異記、今昔物語などであったか…

55

雑誌業界は、今後どうなるのか

 何年か前からfujisan.co.jpの会員になっていて、廃版になって入手困難なムックや、雑誌のバックナンバー、あるいは新刊でもつい忘れそうになる専門的な雑誌(味の素のvestaなど)を購入しているのだが、最近になって […]

タブホ、はじめました

 先日、プロバイダの朝日ネットからのお知らせで、雑誌やムックが読めるというサービス「タブホ」が1か月無料というので(注: 朝日ネット経由の注文のみ)、申しこんでみた。  週刊現代やHanakoなど、かさばってしまうのでな […]

南阿佐ヶ谷の個性的な書店「書原」が閉店

 外出からもどる途中で、何気なくFacebookを見ていたら、家族が「書原がなくなってしまった」と書いているのを発見し、驚いて二度見。昨日までだったという。建物老朽化が理由らしい。  気づいていれば、昨日はJRの阿佐ヶ谷 […]

念願の「廃墟」本が届いた

 Amazonでの販売開始を待つより少し速く、Amazonマーケットプレイス経由でイギリスの書店から購入した本が到着。先方の発送から、だいたい2週間かかったようだ。わくわくの写真集である。  説明文章はほとんどなく、地名 […]

電子書籍で小松左京の短編集「時の顔」を読む

 読むというタイトルにしてしまったが、実際には表題作を読んだだけで、残りはいまから読むわけだが、とにかく「さすが小松左京」と、うなってしまった。  前にも書いたが、わたしは時間SFが好きである。創元や早川のSFは短編集を […]

電子書籍か、活字の書籍か

 AmazonのKindle(アプリで動かすタイプ)は、MacでもiOSでもお世話になっている。けっこう文字の拡大も簡単だし、読みかけた場所を記憶してくれるし、使い勝手はよいほうかと思う。アップルのiBooksもアプリと […]

シンデレラと、こめんぶくあわんぶく(米福粟福)

 どこかのチャンネルでディズニーの映画「シンデレラ」(2015年)を放映していた。ちらちらと見た。ストーリーはわかっているのだが、この手のものは目にはいった瞬間になんとなく見てしまう。傑作だったのはシンデレラに親切にして […]

注文した本を書店で受け取れる「e-hon」

 アメリカから短期滞在中の知人に本のことを尋ねられたが、自慢ではないが本の大半は通販で買っている立場である。書店で買うのは「欲しい本」ではなくて「そこにあって気に入った本」であり、探している本がある場合はだいたいオンライ […]