書籍など活字

「カラマーゾフの湯切り」

 以前から話には聴いていた「もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら」という本を、近所の書店の店頭で見かけて購入したのが数日前。 (画像はAmazonから)  村上春樹、コナン・ドイル、星野源…志賀直哉、レイモンド […]

中野「あおい書店」が「ブックファースト」へ再編

 バナナとキュウリを買おうと、中野のイトーヨーカドー食品館に急いでいた。1階の大型書店「あおい書店」の入り口からはいろうとすると、貼り紙。どうも9月月4日から11月20日まで閉店してリニューアル工事をおこなっているらしい […]

なぞり書きの本に、はまる

 以前に片付けものをしていたら出てきた中塚翠涛さんのペン字練習帳で遊んでいるうち、もっと何か「1日1回何かをする」という習慣がほしくなって、先月は般若心経の写経本を買った。  その般若心経が明日には終わってしまうので、次 […]

なぞり書きの写経本

 中塚翠涛さんのペン字練習帳もだいぶ進んだ(字はうまくなっていないが、ページとしては進んだ)ので、次は般若心経の写経をやってみようかと、本を買ってみた。1日1行ずつ、そして最初のページが当然のことながら「摩訶般若波羅蜜多 […]

日本霊異記、今昔物語などであったか…

55

雑誌業界は、今後どうなるのか

 何年か前からfujisan.co.jpの会員になっていて、廃版になって入手困難なムックや、雑誌のバックナンバー、あるいは新刊でもつい忘れそうになる専門的な雑誌(味の素のvestaなど)を購入しているのだが、最近になって […]

タブホ、はじめました

 先日、プロバイダの朝日ネットからのお知らせで、雑誌やムックが読めるというサービス「タブホ」が1か月無料というので(注: 朝日ネット経由の注文のみ)、申しこんでみた。  週刊現代やHanakoなど、かさばってしまうのでな […]

南阿佐ヶ谷の個性的な書店「書原」が閉店

 外出からもどる途中で、何気なくFacebookを見ていたら、家族が「書原がなくなってしまった」と書いているのを発見し、驚いて二度見。昨日までだったという。建物老朽化が理由らしい。  気づいていれば、昨日はJRの阿佐ヶ谷 […]

念願の「廃墟」本が届いた

 Amazonでの販売開始を待つより少し速く、Amazonマーケットプレイス経由でイギリスの書店から購入した本が到着。先方の発送から、だいたい2週間かかったようだ。わくわくの写真集である。  説明文章はほとんどなく、地名 […]

電子書籍で小松左京の短編集「時の顔」を読む

 読むというタイトルにしてしまったが、実際には表題作を読んだだけで、残りはいまから読むわけだが、とにかく「さすが小松左京」と、うなってしまった。  前にも書いたが、わたしは時間SFが好きである。創元や早川のSFは短編集を […]