日々の暮らし

とても小さな車を見た

 数日前だが、近所の住宅街で小さな車を見た。  銀座で外国人観光客が乗っているような、あのゴーカートのようなものではなく、とても小さいが見た目は普通の乗用車。原付を簡単に覆ったようなものではなく、いちおう見た目は車っぽい […]

暴走老人という言葉があったが

 10年くらい前だっただろうか、暴走老人というタイトルの書籍が出版され、高齢者がキレ易くなった世の中を語るのに、その言葉が使われるようになった。  今日は1時間半程度の近所歩きで2回も「怒鳴る高齢男性」に遭遇。ひさびさに […]

昨日、書きたかったひと言

 まったくスポーツに疎いのだが、昨日はどうしても、これが書きたかった。だが迷いに迷って、書けなかった。もしかしたらわたし以外の人がみんな知っている事情があるのかもしれないと、書けばププッと笑われてしまうのではと、躊躇した […]

今年は三度も桜が見られた

 桜が思いのほか早く咲いたこともあってか、とくに予定も立てずにいたというのに、三ヶ所で桜を楽しむことができた。  まずは3月26日の昼過ぎに、中野区の新井薬師前駅から中野通を南下してJR中野駅方向へ。ほぼ満開だったが、平 […]

コロッケのため、冷凍庫の整理

 体の名割かは何割かはコロッケでできていると自負している。とんかつも好きだし、鶏唐揚げもなかなかだが、やはりコロッケである。ついでに書くなら天丼も好きである。さらに春巻きも…ああ、もしや揚げもの全般なのか?  揚げものを […]

地方の高齢者と、医療

 東京ならば都心、地方ならば都市部に、以前にも増して人が集まりつつあるように思う。行政サービスや医療などの利用面から考えれば、人が多く住む場所のほうが有利であることは言うまでもない。  一極集中はよくない、首都や都市の機 […]

充電用のケーブル(先端部分)で火傷…?

 1週間くらい前になるが、わたしは起床時に手首近くの皮膚が痛いことに気づいた。何かの跡がくっきりついていて、皮膚の一部に傷がついていた。そして気のせいか、くぼんだ皮膚が黒ずんでいた。まるで火傷のようだった。  半日して、 […]

3月11日の晩に、書けなかったこと

 3月11日は震災から丸7年で、いろいろな特集記事を読んだり、関連書籍にどんなものがあるのかを検索するなどして過ごした。テレビも少しは見た。  あの晩に、書けなかったことがある。  わたしの中で、今後の被災地をどういう姿 […]

食品添加物を使って長時間の保冷を可能にする製品

 東京新聞によると、埼玉県で蒟蒻を製造する食品会社(蒟蒻屋本舗)が、長時間でも食品を安定して保冷する商品を開発したそうだ。  2018.03.08 鴻巣・食品製造会社が長持ちする保冷剤開発 被災地に新鮮な食材を  被災地 […]

ほしかった記憶だけが、ある

 今日は東京駅に用事があって出かけ、その後の1時間くらいを八重洲口地下の商店街や日本橋高島屋を見て過ごしたのだが、半日経過してもまだ気になることが。  かつて地上にあって現在は八重洲地下街にある「北海道フーディスト」とい […]