日々の暮らし

麻疹(はしか)が流行っているらしい

 麻疹と聞くと、どきりとする。幼少時からずっと、わたしはなぜか麻疹にかからないと親が嘆いていた。麻疹の同級生がいるとわざと遊びに行かされた。訪れられたほうも迷惑だろうが、こちらも親に言われて仕方なく出かけていたので、落ち […]

肩の痛みは小康状態、ただし…

 先日こちらに書いた肩の件。平均するとだいたい1日おきくらいに痛みがあるが、湿布を貼って荷物を減らすようにするといったんよくなる。ときおり連続で痛くなる日があり、そうなるともう着替えもつらいほどだが、2日以上つづくことは […]

ネットでは、人の噂は75日…とはいかない

 ときどき思い出すことなのだが、ネット上でくり返し、日本ユニセフ協会への中傷がある。何がきっかけでとくにターゲットになってしまったのかまではわからないが、アグネス・チャン氏への暴言も多いようだ。  わたしなりに考えたこと […]

珊瑚礁を守るため…

 プラスチック製のストローは環境面から考えてよくないという話を耳にする。イギリスのブリストルのカフェバーでは、パスタをストロー代わりに出しているという映像があって笑ってしまったが、そうまでしてストローは必要なのかという面 […]

今年も肩が痛くて不安

 検索してみたら去年は痛み出したのが5月下旬で、我慢に我慢を重ねてから通院を開始したのが7月上旬だったらしいが( → 整形外科のリハビリ室にて)、今年は4月下旬から痛みはじめた。  たまたま2年連続でこの時期だったのか、 […]

「平成三十年」という小説があったが

 2002年に堺屋太一が「平成三十年」を書いたころ、ネット上であらすじを紹介するサイトがいくつもあった。たしか主人公の退職時にそれまでのデータをフロッピーに入れて持ち帰るという表現があったように思うが、作品発表当時ですら […]

朝鮮半島の南北融和の兆し、ほか

 時差がないことも手伝って、日本の昼間から夕方にかけてテレビをつけるたびに南北融和のニュースが何度も目に飛びこんできた。歴史的な瞬間というのは、思いがけないところで訪れるのだと実感。まさか今月中に握手が実現するとは。   […]

とても小さな車を見た

 数日前だが、近所の住宅街で小さな車を見た。  銀座で外国人観光客が乗っているような、あのゴーカートのようなものではなく、とても小さいが見た目は普通の乗用車。原付を簡単に覆ったようなものではなく、いちおう見た目は車っぽい […]

暴走老人という言葉があったが

 10年くらい前だっただろうか、暴走老人というタイトルの書籍が出版され、高齢者がキレ易くなった世の中を語るのに、その言葉が使われるようになった。  今日は1時間半程度の近所歩きで2回も「怒鳴る高齢男性」に遭遇。ひさびさに […]

昨日、書きたかったひと言

 まったくスポーツに疎いのだが、昨日はどうしても、これが書きたかった。だが迷いに迷って、書けなかった。もしかしたらわたし以外の人がみんな知っている事情があるのかもしれないと、書けばププッと笑われてしまうのではと、躊躇した […]