Archive for 4月, 2018

「平成三十年」という小説があったが

 2002年に堺屋太一が「平成三十年」を書いたころ、ネット上であらすじを紹介するサイトがいくつもあった。たしか主人公の退職時にそれまでのデータをフロッピーに入れて持ち帰るという表現があったように思うが、作品発表当時ですら […]

朝鮮半島の南北融和の兆し、ほか

 時差がないことも手伝って、日本の昼間から夕方にかけてテレビをつけるたびに南北融和のニュースが何度も目に飛びこんできた。歴史的な瞬間というのは、思いがけないところで訪れるのだと実感。まさか今月中に握手が実現するとは。   […]

芸能人の報道に見る「メンバー」という呼称

 ジャニーズ事務所所属タレントが不祥事を起こすと、それを報じる各メディアが呼び名に「メンバー」を使うことがある。たとえばかつての例なら稲垣メンバー、草彅メンバーなどだ。今回も「山口メンバー」となっていたので、ネットでは例 […]

山の昔話、不思議な話

 いつかそのうち読もうと思ってリストに入れていたkindle本が、なぜか半額だった。すぐ元の値段にもどってしまうといけないからと、続編と一緒にポチッと購入。続編も合わせて1冊分の料金で買えたことになる。なんともラッキー。 […]

東京都での飲食店喫煙は、国の案より厳しくなる予想

 日経新聞電子版によると → 2018.04.20 従業員雇う飲食店、原則禁煙都条例案は規制厳しく 東京都は制定を目指す受動喫煙防止条例案で、従業員を雇っている飲食店については店舗面積にかかわらず原則屋内禁煙にする方向で […]

とても小さな車を見た

 数日前だが、近所の住宅街で小さな車を見た。  銀座で外国人観光客が乗っているような、あのゴーカートのようなものではなく、とても小さいが見た目は普通の乗用車。原付を簡単に覆ったようなものではなく、いちおう見た目は車っぽい […]

暴走老人という言葉があったが

 10年くらい前だっただろうか、暴走老人というタイトルの書籍が出版され、高齢者がキレ易くなった世の中を語るのに、その言葉が使われるようになった。  今日は1時間半程度の近所歩きで2回も「怒鳴る高齢男性」に遭遇。ひさびさに […]

エルトン・ジョンがすごすぎて

 iTunesのオンデマンドで映画「キングスマン ゴールデン・サークル」を見たのだが、映画館に見にいかなくてよかったと、本気で思った。  内容がよい悪いという話ではなく、大声で笑ってしまったのだ。もしかして映画館であのシ […]

母語と、学習で会得する言語

 外国のドラマが好きなので、有料チャンネルをかけたままにしていることが多い。アメリカの有名テレビ番組シリーズ Law & Order SVU (ローアンドオーダー 性犯罪特捜班)(*1)のCMが流れてきて、ちょ […]

昨日、書きたかったひと言

 まったくスポーツに疎いのだが、昨日はどうしても、これが書きたかった。だが迷いに迷って、書けなかった。もしかしたらわたし以外の人がみんな知っている事情があるのかもしれないと、書けばププッと笑われてしまうのではと、躊躇した […]