銀行に関する素朴な疑問

 福岡県のみずほ銀行から現金を引き出した男性が、その3億8400万円を銀行前の駐車場まで持っていったところ、男3人組に襲われてその金を取られたという事件だが…

 東京新聞 2017.04.20 福岡で3億超強奪、韓国人ら確保 被害者「金塊の資金」

 実に素朴な疑問なのだが。

 これだけの金額を「現金で」駐車場まで持っていこうとする男性に、銀行側は、せめて「駐車場までお見送りいたしましょう」などは、言わないのだろうか。重さだけでも相当なものである。仮に「いいですよ」と言われたにしても、ちらちらっと、心配で目を光らせたりしないのだろうか。

 わたしも最初の職場が銀行関連施設だった関係で、ちょっと銀行については思うところがある。その職場は書類だけで現金は扱わなかったのだが、銀行員のみなさんから伝わってくる印象として、札束は「てきぱきっと”数える”もの」という感覚になっているらしいとは、想像できた。いちいち驚いてなどいられないということらしかった。
 いや、それにしても、いまどきのご時世に「キャッシュ」である。相手は「ひとり」である。見送りくらいしてあげたらいいのにというのは、普通の感覚ではないのだろうか。

Did you enjoy this post? Why not leave a comment below and continue the conversation, or subscribe to my feed and get articles like this delivered automatically to your feed reader.

Comments

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.