整形外科のリハビリ室にて

 5月下旬から痛いと思っていた右肩のことで、昨日は思い切って近所の整形外科へ。レントゲンの結果によれば、石灰化している場所はごく小さく、場所も限られているので(石灰化している場所や大きさによっては、腕がまったく上げられないそうだ)、関節への注射と漢方薬の内服、そして週に1度のリハビリ通院ということになった。

 漢方薬や風邪でお馴染みの「葛根湯」、そして同じくツムラから出ている「五十肩に効く」と説明書に書かれた漢方薬だった。かなり苦くて癖のある味だ。

 さて、今日あらためて出かけたリハビリでのこと。
 肩を療法士さんがマッサージしつつ状況を確認してくれるあいだ、今後のリハビリについて話し合った。どの方向に腕を曲げ伸ばしすると痛むのかを確認しあいながら、家でもできる改善のための簡単な動作を習う。初めてのことばかりだが、右肩は日々使う場所なので、改善することを祈るのみだ。

 驚いたこともある。「ここは痛みますか」と声をかけてくるかこないかのタイミングで、わたしの表情から何かを読みとろうとすることが多いようだった。「ここが痛いところなんですね」やら、「あらここまでが限度なんですね、なるほど」やら、勝手に判断してしまうことが何度もあった。わたしは初めてのリハビリルームで周囲の人たちが気になったり(とくに仕切りがあるわけではないので近くの人が見える)、いろいろな雑念があったので目を泳がせていたのかもしれないが、痛かったら痛いと口に出す。表情で伝えたりは、していなかったつもりだ。そしてその推測は必ずしも当たっていなかったので、口でその都度「それほどでも」やら「もう少し曲げられます」やら、返事をしていた。
 そういえば整形外科という性質もあるかもしれないが、待ち合いには高齢者が多く、最近では少なくなった”和気藹々とみんなでおしゃべり”の雰囲気を楽しんでいる人すら見受けられる。わたしのような中高年やそれ以下の人は、ほとんどいない。高齢者の中には、もしやどこが痛いか、どのくらいなら我慢できるかを、自分ですぐに表現することが難しい人もいるかもしれない。その結果として”相手が口に出す前に察してしまえ”と、療法士さんは親切で表情を確認していた可能性もある。

 漢方薬は2週間分の処方だったが、リハビリは、毎週が前提のようだ。少なくともあと何回かは、そして治り具合によってはもう少し通うことになるだろう。

Did you enjoy this post? Why not leave a comment below and continue the conversation, or subscribe to my feed and get articles like this delivered automatically to your feed reader.

Comments

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.