処方箋の有効期限

 ほぼ3か月に2回程度の通院で処方箋を書いてもらっているが、今年にはいってから、窓口で何度も念を押されていることがある——「土日も連休もすべて含んで発行から4日以内が期限です。できるだけ早めに、薬局に行ってください」と。

 わたしは原則としてその日のうちに受けとるのでトラブルになったことはないが、病院窓口で念を押される回数を思うと、4営業日だと思っている人が多くて問題になっているのかもしれない。
 有効期限を過ぎると、処方箋代金は全額自費での再発行になるというが、期限が過ぎて診察をせずに処方箋だけ書く医者もいないかもしれず、診察の代金もそこに加わることになる。その診察は保険適用になるのだろうか…なるのだろうな、おそらく? これが適用にならないと、すごい金額になるはずだ。

 長期にわたり同じような薬を飲みつづけている人は、風邪を引いた人のようにすぐ薬を手に入れたい事情があるわけではないので、うっかりすると「数日分は余裕があるから」と、油断してしまうことがあるかもしれない。わたしも気をつけようと思う。

Did you enjoy this post? Why not leave a comment below and continue the conversation, or subscribe to my feed and get articles like this delivered automatically to your feed reader.

Comments

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.