無料HTMLエディタ(ビジュアルタイプ)を探していて

 灯台もと暗しとは、まさにこのことだった。今日は昼から夕方くらいまで断続的に「無料でHTMLエディタがほしい、願わくばタダ、ぜったいWYSIWYGは必要、さくさく動くもの」と考えては、検索していたのだが…

 結論から書いてしまうと、夜になって、大昔にブラウザとして名前を聞いたことがあったSeaMonkeyが、最近ではコンポーザやメールなどを含むオーサリングツールとして(大昔のNetscape Composerのような雰囲気)開発がつづいていたと気づいて驚く。びっくり。懐かしい。これでしばらくは、何も不自由しない。
 リンク先をスクロールすると各種プラットフォームで、日本語対応版のダウンロードも可能 → https://www.seamonkey-project.org/releases/

 さて、ここにたどり着くまでの数時間の話を書いてみたい。

 まず、わたしはたいていのことはWordPressまたはNetcommons上で書いてしまうため、個別のHTMLページを作る必要は、それほどない。だが1〜2か月に1回程度は、単発でお知らせを書く。そのときいちいち手でHTMLを書いていられるかという問題があったのだが、いまのところ無料で使えて自分がダウンロードしてあるのは7年前に開発が終わっているKomPozerのみだった。これはHTMLが古すぎて自由度も低く、ほかに何かないかと考えあぐねていたところに…

 ○ MacにインストールされていたPagesで、ワープロとしてページを書き、それをPDFに落としてPDFからHTMLに変換するソフトを探すのはどうか?
(そういう用途では、高額ソフトしか見当たらず、撃沈)
 ○ では、Pagesで書いてリッチテキスト(RTF)にし、それをHTMLに変換するソフトはないか?
(これもまた、小額から高額まで、有料ソフトがほとんど)

 そうこうするうちに、隣の部屋から「MacのTerminalからコマンドラインでRTFをHTMLに変換できるぞっ」と、貴重な情報が…。見つけた本人も興奮しているが、わたしもまた「これでタダの道が広がる」と、さっそくわくわくしつつ、実験。
 だが、たしかにそれはできて、おもしろい体験ではあったのだが…RTFをHTMLにする際、画像読み込みタグなどの「テキストにならない部分」は、まるきり無視で省いてしまうことがわかった。つまり、リンクタグやら改行がどうのというのは、わたしが自分で手々で書いても我慢ができる程度の楽な部分であり、楽をしたかった画像やデザイン部分が、けっきょく手作業として残ってしまうので、実質的な恩恵はない。

(大発見してくれた人に、こんな情けない話を大きな声では言えないので、こっそりKomPozerで急ぎの部分だけ作ってしまった ^^;)

 その後、夜になって検索しているうちに、上述の通りにSeaMonkeyが見つかり、快適にHTMLを完成させることができた。

 20年くらい前は、ブラウザにコンポーザがついているのはけっこうある話で、あれでちょっとしたところを手直ししながらネットに載せ直したりしたものだ。現在では、これだけ探してやっと見つかることになるほど、細々とした存在になってしまったのだと思うと、20年近い年月というのは、なかなかすごいことなのだと感じる。

 開発しつづけてくれている有志の方々、ありがとうございます。

Did you enjoy this post? Why not leave a comment below and continue the conversation, or subscribe to my feed and get articles like this delivered automatically to your feed reader.

Comments

No comments yet.

Leave a comment