好みの変遷

 たしか3〜4年前まで、ベーグルが好きではなかった。
 理由は、20年以上前にまだあまりベーグルが知られていなかったころ、渋谷の西武地下にベーグル屋ができて(当時それほどベーグル専門店はなかった)、買ってみたら口に合わなかった。それ以来ずっと、数年前まで「買ってまで食べるか、ベーグルなど」と思っていた。
 ところがこの数年、人気パン屋の「しげくに屋55ベーカリー」が本店を高円寺に移してきたことや、たまたま食品の撮影がしたくて購入した池袋の西武(なんで西武ばかりなんだ ^^;)のベーグルが美味しかったことで、そうだ自分でも焼く練習をしてみようなどと思ううちに、いまではけっこうベーグルを好んで買うようになってきた。

 そして、マフィン。これも実は好きではなかった。マドレーヌ、スコーンなどは好きでも「マフィン、何それ」だった。購入の優先順位はかなり低かったし、作ってみようと思ったことも、ほとんどない。

 ところがこれもベーグルつながりで、気になる存在に。ベーグル屋にはなぜかその脇にマフィンがおいてあることがあり、荻窪の「ベーグル&ベーグル」のマフィンを「高いなぁ、でかいなぁ、でもうまいなぁ」などと食べるうち、だんだんと目覚めてきた。先日は大阪の「焼き菓子の里」さんからお取り寄せでバウムシュニッテンと一緒にマフィンもお願いしてみた。これは、ハマる。今後も食べつづけそうな予感がある。
 奇しくも、先日わたしは「どこかにあったはずなのに見つからない」と、デザインが変更になったから見つからないように思っただけで実はずっと目の前にあったベーキングパウダー(しかも勘違いであやうく捨てそうになっていた)大きめサイズ商品を発見したのでマフィンを焼くことはまったく問題なく実現できる。粉もバターもドライフルーツも山ほどあるのだ。

 しばらく、パンとマフィンを交互に焼いてみるのも、よいかもしれない。

Did you enjoy this post? Why not leave a comment below and continue the conversation, or subscribe to my feed and get articles like this delivered automatically to your feed reader.

Comments

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.