探しているときほど、出てこない

 数週間前に家の中で、手首で測定するタイプの血圧計をなくした。いつも同じ場所にあって、なくすといってもせいぜいその台の上から落ちて隙間にはいったくらいだろうと思ったが、周囲にあったものを移動させながら床を見ても見つからない。別の場所においたかと思ったが、動かした記憶がない。けっきょく新しいのを買った。数週間経つが、まだ見つからない。

 そして先週から、あるムックを探している。おいてあった(積んであった)場所には心当たりがあり、もし多少は位置がずれているとしても近くの山にあるはずだからと、掃除をかねつつ、ダスキンの小さめモップ、ハンディ掃除機、そして口にはマスクの装備で1日おきにあたりを崩しては積んだが、1週間経つのにまだ見つからない。

 探しているのは10年前に創刊から5号で姿を消してしまった大森由紀子編集「スイーツ王国」の最終号にしてドイツ地方菓子特集。発売当時は買い逃し、数年後にfujisan.co.jp経由で出版社から送ってもらったので、古本ではなく新本の扱いだったと思う。

 スイーツ王国は、たしかそのときvol3とvol5を購入した。vol3は、思っていた場所にあった。5がない。たしかその中に神戸の洋菓子店「ティータイム」の上田悦子さんが提供されたバウムクーヘンのレシピがあったのだ。1回か2回それを作ったのは覚えているので、1階の台所近くの本棚に入れたのかとも思ったが、そちらにも見当たらない。困った。次に見かけたら、ねんのためにデジタルでもレシピを保存しておこう。

 いくらダスキンモップの力を持ってしても、毎日のように本棚のほこり攻めに遭い、今日は鼻がぐしゅぐしゅして困っている。いざとなったら鼻炎カプセルかアレグラを飲むとしよう。

Did you enjoy this post? Why not leave a comment below and continue the conversation, or subscribe to my feed and get articles like this delivered automatically to your feed reader.

Comments

No comments yet.

Leave a comment