疲れている人に「もっとがんばれ」のCM

 最近あまり地上波のテレビ番組を見ないので、栄養剤/栄養ドリンクでどういうCMが多いのか最近の傾向はわからないが、たしか30年くらい前に、いまでも覚えているテレビCMがあった。

 女優の永島暎子さんが、都会的な家に帰ってくるところからCMがはじまる。バリバリのキャリアウーマンのような印象。
 カメラに向かって、とても家族に言うのとは思えない、そつのない営業スマイルで「ねえお願い、今夜は外で食事しよう。疲れちゃってこれから支度する元気ないの。お願い、明日からちゃんと作るから」…

 そして画面には、キューピーコーワゴールドという文字が出るのだ。

 当時のわたしはいまほどものを考えなかったのだろうか。驚いた場所が現在とは違っていた。「会社に行ってくたくたになっても、普段なら食事を作っているのか、たいへんだな」と、当時はそんなことを思ったのだ。

 いまは違う。どう考えても先に居間にいたと思われる相手(おそらく旦那)が作っていればいいのにと、まず考える。さらに「ただ待っていた相手に、お願いするのではなく、ただ誘えばいいのでは」と思うだろう。

 ただ、やはり恐ろしいのは「食事なんか出前でいいじゃないか、まずは休めば」という方向に話が行かないことと、それを当時は考えなかった自分のことだ。
 それでは栄養剤のCMにならないのだから無理もないだろうが、自分は当時「疲れている人に、飲んで元気になれとは何事か」と、それを考えなかったのだろうか。なんとなく覚えているのは「たいへんだな、この人」ということだった。自分には関係ない、自分はそういう立場ではないと思った記憶もある。

 疲れている人に休めと言わない社会は、中にいる人間の感覚も、おかしくしていたのかもしれない。

Did you enjoy this post? Why not leave a comment below and continue the conversation, or subscribe to my feed and get articles like this delivered automatically to your feed reader.

Comments

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.