時速235kmで交通違反

 時速100kmの制限となっている中央自動車道で、2016年に235km/hで走って逮捕された男性41歳の記事をネットで見た。

 書き間違いかなと思ったら、どうもほんとうに235kmだったらしい。41歳男性の顔と名前はテレビのニュースで流れたらしく、いくつかのブログではその画面をキャプチャして、ネットに紹介しているようだ。

 時速235kmといってもピンとこないので、秒速に直すと65m。新幹線も一定区間(整備新幹線)は260kmまでの速度で走っているらしいが、そちらは秒速72m。それを考えると、中央自動車道というのは長さがどれくらいあるのか気になるが、大月から小牧ジャンクションまでは273kmだそうだ。なんだ、それならその速度で1時間は走ってもまだ道があるのか(←そういう問題ではない ^^;)。
 スピード違反が測定された現場は国立市らしいが、その前後をどんな風に飛ばしていたのか考えると、人身事故にならなくてよかった。

 それにしても、テレビのニュース画面からキャプチャされたご本人の顔が、とても「絵になる」のが気になる。

Did you enjoy this post? Why not leave a comment below and continue the conversation, or subscribe to my feed and get articles like this delivered automatically to your feed reader.

Comments

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.