コロッケのため、冷凍庫の整理

 体の名割かは何割かはコロッケでできていると自負している。とんかつも好きだし、鶏唐揚げもなかなかだが、やはりコロッケである。ついでに書くなら天丼も好きである。さらに春巻きも…ああ、もしや揚げもの全般なのか?

 揚げものをするときの「じゅばーっ」という音が好きであり、できるだけコロッケやフライは冷凍または生の「要加熱品」を買ってくる。だがスーパーなどでは仕入れの都合もあってか、買いたいときにこれらが店にあるとは限らない。ネットスーパーでもときどき探すが、要加熱の状態で売られている揚げものは、たまにしかメニューに出ないようだ。タイミングがあえば見かけたときに買うが、コロッケやフライの在庫が自宅の冷凍庫から消えてしまうと思うと不安すぎるため、ときおり通販でまとめ買いすることもある。

 気に入っている店は何軒かあって、そのうちのひとつ広島県のヤノ食品から今回はまとめ買いした。
 そしてクロネコの時間指定を済ませ、到着を心待ちにしているわたしの元に、まずは先の時間に頼んでおいたネットスーパーの配達が。あちゃーっ、ネットスーパーで冷凍の広島お好み焼きを買っていたことを思いだした。けっこうサイズがある。これではコロッケを入れることができない。なんたることだ。

 それに気づくなり、すさまじい勢いで冷凍庫を整理した。以前に購入して「この容器は何かに使えるはず」ととっておいたコストコのクロワッサンのパック(横が数十センチある丈夫な長方形)の、底と蓋を両方使って、冷凍庫のものをがんがんと載せていった。すると出るわ出るわ、余分なものが。
 もっとも多かったのは、隙間にはさまっていた小型保冷剤。いつも6〜8個なら使い回しているのだが、それどころの数ではなかった。使っているうちに滑って奥にはいってしまうらしく、冷凍食品同士の隙間を埋めるように、少なく見ても30個ほどのミニサイズがはいっていた。これは多すぎだ。

 それらを除去し、内部を簡単に拭いてから、冷凍食品を詰め直した。そしてさらに、先月だったか自分が焼いて冷凍しておいた焼き菓子たちも冷蔵庫にもどした。これでようやくコロッケをお迎えできるというわけだ。

 明日になったら、発見された保冷剤の内部を容器にあけて香料を入れ、室内用の消臭剤にしようと思う。コロッケも入れられたし、保冷剤の片付けもできて、一石二鳥だ。

Did you enjoy this post? Why not leave a comment below and continue the conversation, or subscribe to my feed and get articles like this delivered automatically to your feed reader.

Comments

いつも楽しく読ませてもらってます

一番最初の「体の名割かは」は「体の何割かは」のタイポのようですね

coffeeさん、コメントありがとうございます。
直しておきました(^^)。

Leave a comment