職務上の通念と、人間としての判断と

 4月4日午後、京都府舞鶴市の舞鶴文化公園体育館でおこなわれた大相撲の春巡業で、土俵上にいた舞鶴市長が体調を崩し、倒れたとのこと。

 その場に居合わせた女性が土俵に上がり、さらにつづく女性らも含めて(その全員ではないかもしれないが)心臓マッサージをしているシーンをテレビのニュースで見た。だが会場では複数回にわたり「女性は土俵から降り」てほしいと、うながすアナウンスがあったようだ。

 ご本人たちの職業について詳細を知るところではないが、とっさにその場で行動を起こしたことからのみ考えても、医療関係者である可能性は高いかと思う。男性が心臓マッサージを代わるまで、アナウンスがあってもそのまま場にとどまってマッサージをしていたとのこと。

 八角理事長のコメントによると、アナウンスは行司によるものだった。

 土俵は女人禁制ということが普段からしみついているのかもしれないが、人が倒れているのを目の当たりにしてまでそれを複数回くり返すというのは、いったいどういうことなのだろうか。命にかかわることであり、しかも人が倒れているその状況を、伝聞ではなく目の前で見て認識できているはずである。
 職務上での常識や考え方が、こんなときにまでも優先されてしまうというのは、ご本人の気がいくら動転したにせよ、いささか異常なことではないだろうか。

Did you enjoy this post? Why not leave a comment below and continue the conversation, or subscribe to my feed and get articles like this delivered automatically to your feed reader.

Comments

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.