「ありがとうございますが」…!?

 アップルを装うスパムメールが昨日から何通もやってきていて、その冒頭にあった…

> Appleをご利用いただきありがとうございますが、アカウント管理チームは最近Appleアカウントの異常な操作を検出しました。

 …この部分に、目が釘付け。「ありがとうございます」に「が」をつけてしまうというのは、ある意味で目から鱗だ。日本語ネイティブとして何十年も暮らしてきたが、そんな表現に出くわしたこともなければ、つけてみたらどうなるかと思ったこともなく、なんとも新鮮な体験である。

 英語ならそれがあるかといえば “thank you, but…” などは、やはり聞いたことがない。何年もいろいろな外国語をNHKラジオ講座などを通じて耳にしてきているつもりだが、そういった表現に出くわしたことがあるようには、思えない。

 外国語を翻訳ソフトにかけたのだろうとは思うが、いったいどこの翻訳システムなら、ありがとうございますのうしろに「が」を入れてしまうのだろう。もしギャグとして故意にこのネタが作れる人がいたら、素晴らしいと思う。

 たしかに、お礼の意味のあとにやんわりとした否定や辞退がやってくる例、たとえば「ありがたく思いますけれども」などならば、ありうる。だが「ありがとうございます」には、それはない。

 スパムを真剣に読んで、考えさせられた。

Did you enjoy this post? Why not leave a comment below and continue the conversation, or subscribe to my feed and get articles like this delivered automatically to your feed reader.

Comments

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.