トランプ劇場

 アメリカは、昔からちゃっかりしている。だがこんなにあけすけに、ちゃっかりしている態度を隠そうともしない大統領は初めてではないかとも、思う。

 日本は、小泉首相の在任時を例外として、拉致事件で北朝鮮に直接の話しかけをおこなってこなかった。拉致被害者の一部が帰国されてのち、ほとんどの場合において米国や韓国などをあいだにはさんでは、解決を模索してきた。直接話をすればいいのにと思っていた人も多いかと思う。そして今回またトランプ氏に言及を頼んでおいたところ、ほんとうに言及のみであり(もちろんこれは誰しも予測できたことだが)、しかもその際にちゃっかりと、日本の関係者などがなかなか言えなかった本音「これからは二ヶ国間で解決を検討していけば」という意味のことまで、付け加えられた。
 言及してくれと頼んだらほんとうに言及だけだっただけでも内閣としては傷手だろうが、曖昧な部分が多く残された北朝鮮非核化については、非核化そのものが文書ではなく口約束のレベルというのに、費用については日本と韓国が受け持つという具合に、決められてしまったようだ。普段からペコペコとしている日本が、ここで嫌だと突っぱねられるはずがない。そこを読まれているのだろう。

 さて、いまさら誰も言わない、書かない話を、わたしは書こう。
 アメリカは非核化しなくていいと、誰が決めたのか。自国と一部の国のみが持っていてそれ以外の国には核を認めないという理屈が、なぜ世界レベルで通ると思っているのか。

 人に言うなら、アメリカも、非核化をしなさい。

Did you enjoy this post? Why not leave a comment below and continue the conversation, or subscribe to my feed and get articles like this delivered automatically to your feed reader.

Comments

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.