March 11, 2007

芦ノ牧温泉 (1)

というわけで、3回くらいに分けて旅行のご報告。本館には珍しく画像を多用するが、小さめサイズにしてみたので、読みこみに時間はかからないと思う。
クリックすると倍サイズになるようにしたので、よろしければご利用ください。

会津若松の駅に到着して、旅館の手配してくれた冬季限定の無料シャトルバス(ミニ観光付き)に乗った。これを利用すると約2時間で芦ノ牧温泉に送ってもらえる。
会津若松
バスの窓から、ガラス越しに撮影。
ご覧の通り、3月上旬の福島とは思えない雪の少なさ。山に近づくにつれ少しずつ雪は見えるようになったが、バスに乗ってからしばらくのあいだはこの程度の雪だった。

不思議な象

とても大きなリサイクルショップ(何でも買いますのような表示があっただけで店名はわからず)の駐車場にあった、大きな像。うしろのほうに写っている車との関係から考えても、けっこう大きいのではないかと思う。何をしているのかは不明。

バスは無情にも芦ノ牧温泉を通過し、お約束の観光ルートを行く。大きなダム湖を越え、どんどんと山の奥へ。

大内宿
これは大内宿。江戸時代の宿場町で、現在は茅葺き屋根の家が並ぶ。
この見学のころから、小雪がちらつきはじめ、とても寒かった。

大内宿
櫓だろうか。。。さすがに盗まれていないようで、よかった(おいおい)。

バスに戻り、芦ノ牧温泉へ。「もち処木の幡」さんが旅行社を通じて手配してくださった旅館は、幸いにもバス停留所の目の前だ。いよいよ温泉、そして料理が待っている。

Posted by mikimaru at 09:59 PM | コメント (0)