May 10, 2007

レンタル倉庫の荷物

2年前の夏、当時は住まいのすぐ近くだったスーパーの2階に倉庫を借りた。畳で表現すると2枚分くらいのスペースだ。最初の数ヶ月で荷物(大半は書籍)を持ちこみ、そのあとはたまに見にいく程度だった。

今度の住まいが広くなったので、ゆくゆくはそこを解約するのだが、現在はそのスーパーまで片道10分以上の距離があり、さくさく荷物を引き取れるわけではない。何かのついでに1日1往復がせいぜいだ。週に3回くらいを目安にカートを引きずって、小さめダンボール2個分くらいを持ち帰ってきている。

いくときはカートは空だが、帰りは重い。帰宅の道すがら、飽きもせずに毎回同じことを考える――「これって重いコンダラだよなぁ」と。そして頭の中に「巨人の星」が流れる。

4月頭に引っ越しをした際、膝の痛みが長引いていた。3月中旬に念のため相談した整形外科医には「膝をいたわって、半月くらいしても治らなかったらまた来てね」と言われていたのだが、引っ越し前後の疲労と、駅から遠くなって買い物だけでウォーキング歩数が増えてしまう現実、そして日々のコンダラを考えると、安静からはほど遠い気がする。

来週あたり「安静にはしていなかったけど、痛いです」と、相談に行こうかと思っているが、「年齢によるものです」と言われるような気がしないでもない。それはそれで安心できるが。。。

Posted by mikimaru at 11:06 PM | コメント (0)