June 26, 2007

映画:スネーク・フライト

旅客機に大量に積まれた毒蛇たちが、乗客に襲いかかるB級映画。ちなみに原題は Snakes on a Plane だ。
スネーク・フライト - 公式サイト

ヘビが大量すぎるので1匹ずつ殺すのでは間に合わないし、おそらく終盤でコックピットに不測の事態が起こって飛行機が急降下し、ヘビがぜんぶ気絶するとか、そういう流れに持っていくんだろうと思っていたら、威勢のよいサミュエル・L・ジャクソンの考えたことはもっとすごかった。そのシーンはちょっと(あり得ないけど)見もの。とくにでかいヘビが(笑)。

いちおう、なぜヘビたちがまっしぐらに人間を襲うのかということについては説明はあるけれど、あり得ないっての(^^;。理屈を考えずに、ただぼーっと見ているのがよいだろう。ヘビが嫌いな人はもちろんだめだけれど…。大部分は描いているので、柄はともかく動きは嘘っぽいヘビばかり。作り物っぽさ、チープさを残しておかないと、話が話だけに誰も見てくれなくなってしまうという配慮なのだろうか?

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM

Posted by mikimaru at June 26, 2007 11:00 PM
コメント