January 03, 2007

年末年始に見たDVD

年末は先日こちらに書いた「さゆり」で打ち止めではなく、脱力を承知で借りてあった「トランスポーター2」となった。ところがこれを大晦日に半分見ているうちに忙しくなり、中断して翌日につづきを見たので、なんとこれが記念すべき年越しDVDとなってしまった。

トランスポーター2 - 公式サイト

ストーリーはひどい(いくら何でもむちゃくちゃだ〜 ^^;)。構成も全体のバランスも、前回より悪い。主人公のアクションも進歩なし(←吹き替えを使わないだけ、偉い?)。。。だがそれを承知で借りていたので、さほどショックはなかった。

見ている途中で「スティーブン・セガールの暴走特急みたいだ」と、何度か感じた。映画の中でぜったいに強い主人公。こてんぱんにやられるシーンはなく、挫折もなく、自分がされたことは5倍返しくらいの怖さで淡々とやり返す。セガールは電車より速く走ったが(ラストシーン)、本作の主人公は重力にも水圧にも負けないらしい。

----------
もう1作は、正月に見るのはどうかという気もするが「エミリー・ローズ」。
悪魔払いに失敗したあと、なくなってしまった女性の話を、実話をふまえて映画化したのだそうだ(どの程度が実話なのかはわからないが)。

エミリー・ローズ - 公式サイト

見てみると、怖い系の話ではなかった。ある意味で怖いシーンはあるのだが(エミリー役の女性の顔がマジで怖い)、話の重点はそこにあるのではなく、なぜ彼女が二度目の悪魔払いを拒絶したか、なぜ死んでしまったかを、過失致死の被告となった神父の立場からあきらかにしていくというもの。

なぜよりによってエミリー・ローズだったのか。そうそうたる名前の悪魔たちが、名もない少女に取り憑いて何をするつもりだったのか――そのあたりが描かれることはないが、まあ、最後まで見てやっと神父の言わんとすることがわかったので、よしとしよう。

Posted by mikimaru at 09:11 PM | コメント (0)

巡回ロボット(?)の、不審なリクエスト

最初に気づいたのは秋で、わたしが最初の入院をしていたころだ。初期のうちは外出許可が出るのも珍しく、家に帰ってくると何百通も溜まっていたメールの見出しを読んだり、皆さんが参加してくださっているゲームのバックアップをとる程度で、あとは深く追いかける余裕がなかったのだが…。さすがに回数が増えてくると、気になってくる。

週に一度くらいだと思うが、変なロボット(?)が、かなり大量の無駄なことをしてお帰りになっている。。。何年も更新していない階層の中身を来訪のたびにぜんぶ叩いたり、月に1回程度しか更新しないファイルを1時間に400回以上呼び出す。いちおうブラウザはMSIE6を名乗っているが、こんな無駄なことをするのだから、自作もしくは安定していないロボットかもしれない。

それらの階層には重大なこともないし、漁っていくようなメルアドの記載もない。そして、ほとんどはHTMLファイルか、小さな画像ファイルなので、それが来たことによってとてつもない負荷がかかっているとも言い難く、判断材料としては微妙なところだ。。。どこかのサーチエンジンのロボットが週に1回くらい来ていると思えば、目をつぶる気ならそれもありか、と。

何しに来ているかがわからないと、対策をとるべきなのかどうかもわからない。IPはおそらく固定のようだから、対策をするとしたら可能は可能だと思うが。

う〜ん。。。何をしにきているのだろう?

Posted by mikimaru at 05:21 PM | コメント (0)